有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

政治・経済

「反日」文在寅 (ムンジェイン) 大統領はどんな人物?

韓国の第19代大統領であるムン・ジェイン (문재인・1953年1月24日生まれ) は「北朝鮮からの避難民の子」として生まれ育ったこともあってか、北朝鮮に対する思い入れが強い傾向にあるようです。弁護士として市民運動や人権運動に関わったのち、盧武鉉 (ノ・ム…

韓国への「輸出規制」「ホワイト国除外」について

近年、日本と韓国の間には様々な問題が生じています。2019年には「輸出規制」「ホワイト国除外」といった両国の企業を巻き込む経済紛争にまで大発展!この問題をあれこれ考える前に、皆さんに知っておいてほしいことがあります。それは、輸出品のうち "武器…

「反政府思想?」「反日?」「左翼?」過激な考えを持つ古谷有希子とはいったい何者?

現代の日本社会には「言動」「表現」に一定の自由が許されており、「何を言おうが」名誉毀損でない限り「個人の自由」なのですが、問題発言をすれば当然大変なことになってしまいます。そんな中、意図的な炎上商法によってその名を世に知らしめている人物が…

日本はなぜ「世界平和」に貢献できないの?

2015年夏、「平和学の父」と呼ばれるヨハン・ガルトゥング博士 (ノルウェー) が来日し講演を行ってくれました。その頃の日本ではちょうど「安保法制反対」のデモが連日行われており、筆者自身、「日本は今後どうやって世界平和に貢献していくべきなのか?」…

「反日」「言いがかり」「逆ギレ」に韓国疲れを起こしているニッポン

「竹島」「慰安婦」「徴用工」「レーダー照射」... 例を挙げればキリがないほどに韓国 (政府) は「反日」を掲げ、自国民 & 北朝鮮の支持を得ようとしています。日本が「大人の対応」をやめれば、即「交戦」になってもおかしくない状況まできていると言えるで…

「人質になってはいけない」シリアの現状

2018年秋、シリアの武装組織に拘束されていたジャーナリストの安田純平さん(44)が3年4ヶ月ぶりに解放され日本に帰国。数日後、安田さんはシリア国内へ入った手段や拘束されたときの経緯などを自ら説明。シリア難民の紹介でシリア人ガイドを紹介してもらっ…

治安が悪い都道府県ランキング・ワースト5

日本は、世界的には治安良好な国として有名ですが、近年は様々な犯罪が増えてきている印象もあります。確かに、酔っ払いが平気で野宿できるような国はそうそうありません。 それでも、都道府県別にみればけっして安全とは言えない場所があるのかもしれません…

日本に広がる貧困の連鎖

日本は、少子高齢の社会であるにも関わらず、待機児童問題が改善されていないなど、政策の無能っぷりが露見してしまっている始末。。。 この国はもう、子どもを育てる気がないんじゃないでしょうか? 少子高齢化が抱える問題点とは そもそも、少子高齢化にな…

なぜ協力できない?日韓の北朝鮮対策

数年前、朝鮮労働党大会において金正恩委員長は「(北朝鮮は)責任ある核保有国だ」「核強国の地位に堂々と上り詰めた」と熱く語っていました。 さらに、「核保有国になったのだからそれに見合った対外関係を発展させる」としてアメリカに北朝鮮の核保有を認…

日本からイノベーションが生まれなくなった理由

「Japan as No.1」と絶賛され、世界の一流経営者たちがこぞって「年功序列」などの日本独自の組織形態を研究し始めたのはすでに過去の話。今や日本型の経営は全否定されつつあります。なぜ、日本の会社はダメになってしまったのでしょうか? なぜ日本の企業…

貧困家庭の子育てを孤立させないために

文部科学省は、家庭教育支援の推進方策を検討する有識者委員会を立ち上げています。同様の会議は、例えば2011年にも設けられたりしていて、定期的に議論されているようなのですが、今回はとりわけ、「共働き」や「経済的な問題」などについて深く議論された…

信頼できる、実行力のある政治家はいずこに?福祉充実の実感なく消費税増税はダメ!

2017年度の衆院選を前に、有権者たちは迷っています。困っています。 「投票したいと思える政治家が一人もいない」と。 年金の受給額が減って嘆き悲しむ定年退職者 「今月も年金の受給額が減っている」 10年前に定年を迎えたAさん (70代男性) は年金生活を送…

小泉純一郎、離婚した元妻の心境と現在の恋人の存在

60歳代ぐらいの女性とふたりで、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』を鑑賞していた小泉純一郎・元首相(75歳、2017年)。お相手は、小泉さんが30代の頃に出会った赤坂の芸者だった女性で、離婚後3、4年経ってから恋人関係になったようです。 その後…

【芸能人と新興宗教】マスコミがあまり報じない話!「私が好きなら仏壇買って!」

ワイドショーのようなバラエティー番組であっても、東スポのようなゴシップ専門紙においても、「新興宗教に触れるのはタブー」だとされています。それは、視聴者への配慮というよりもむしろ、「信教を持つ芸能人があまりにも多いから」なんです。 「清水富美…

アベノミクス、1億総活躍プランの正体とは

安倍政権は消費増税先送りに伴って「今こそアベノミクスのエンジンを最大にふかす」と宣言し、「ニッポン一億総活躍プラン」を閣議決定しましたが。。。 これは、全員参加型の一億総活躍社会を実現するために、子育て支援や社会保障の基盤を強化して「希望出…

AV女優への貢ぎ物も確定申告が必要

職業寿命数年というAV業界にあって、デビュー9年目となる里美ゆりあさん(31)は数少ない売れっ子女優の1人です。「男を悦ばせる天才」なんて呼ばれるほどに大人気なんです。美人と不美人の生涯賃金格差は3,600万円なんて研究結果もあるようですが、彼女の場…

東京五輪でテロは起こらないと言い切れるのか?

2016年夏、バングラデシュで日本人7人が殺害された無差別テロ事件が発生! 世界中に大きな衝撃を与えましたが、それ以降も、フランスのニースやドイツのミュンヘン、アフガニスタンなどでテロが相次いでいます。 さらには、トルコではクーデター、タイでは軍…

「タックスヘイブン」問題が隠蔽される理由

租税回避地(タックスヘイブン)を駆使した課税逃れの実態を明らかにした「パナマ文書」が世界を揺るがしてから数ヶ月が経ちました。今や全くと言っていいほど、話題になることもなくなってしまいましたね。 ところで皆さんは、「世界最大の租税回避地」がど…

東京五輪後に破綻しないために考えておくべきこと

近年、「老後破産」や「下流老人」といった言葉が流行語になるような時代となってしまったわけですが、おそらく、漠然としたものかもしれませんが、多くの方々が「この先の生活について不安だなー」と考えていらっしゃるのではないでしょうか?それじゃあ、…

長崎を「最後の被爆地」とするために考えるべきことは何か?

原子爆弾が広島に落とされたのは月曜日の朝でした。長崎はその三日後の木曜日午前11:02。同じ時期に開発され立て続けに使用された2発の原爆が、歴史の上でひと続きの出来事として扱われることに疑問や違和感を感じる人は少ないことでしょう。 ビキニ環礁での…

元SPEEDの今井絵理子はなぜ参議院議員になったのか?

元SPEEDの今井絵理子さん(32)は、2016年7月の参議院選挙で、自民党所属の比例代表で当選しました。 「沖縄問題はこれから考える」 という姿勢で世間からは失笑を買ってしまいましたが... 仕方ないでしょう。政治のことは何も考えていないのですから。それ…

政治家という「私利私欲」職を何とか廃止できないものか

政治家の「不正」はこの世から政治家がいなく ならない限りなくなることはないでしょう。 舛添元東京都知事は、きちんとした説明責任を果たさぬまま無責任に辞めていってしまいました。都議会議員含め、政治家たちは現状の「不正」ありきの法律を変えようと…

【不動産投資信託】為替変動が怖い海外?それともバブル崩壊リスクのある国内?

現在、投資信託市場ではリート(不動産投資信託)を投資対象とするファンドの人気が高まっているといいます。昨年の米国の利上げや中国景気の先行き不透明、円高、芳しくない国内の株式市場...こうしたことを総合的に考えてみると「投資環境は悪化している」…

デフレ脱却できない日本に外国人投資家はそっぽを向く

日本を代表する銘柄がズラリと揃う東証1部で2016年3月、外国人による「売り」の嵐が吹き荒れました。逆に、東証マザーズ市場では「買い」。「バイオ分野のソフトバンク」とも称される創薬バイオベンチャー、そーせいグループ 株が人気を集めたのです。アルツ…

消費税増税先送りで日本は良くなるのか?

安倍晋三首相は、2017年4月に予定されていた消費税率10%への引き上げを、2019年10月まで延期するつもりです。理由は「世界経済に下振れの恐れがあり、増税すればデフレ脱却が危うくなる」から。。。確かに、増税にはタイミングが大事です。諸々の事情と複雑…

布施博の母親介護で考える成年後見人制度

俳優、布施博さんの母親は認知症を患い、現在は自宅で介護を受けています。狭心症で通院していた彼女は、自宅への帰り道が分からなくなるなど物忘れがひどくなり、アルツハイマー型認知症と診断されたのです。鍋を焦がしたり、洗濯機に大量の洗剤を入れたり…

熊本地震で非難される有名人とメディアの不思議

フリーアナウンサーでタレントのみのもんたさんは熊本地震に関してツイッターで「自衛隊きちんとして欲しいね」と述べ、いきなり炎上しました。「自衛隊は不眠不休だぞ」「こういう発言は良くない」「現場を見てから言ってほしい」...まさかのツイッター開設…

ギリシャ化する日本!自らに甘い財務省と公務員優遇の愚策が日本を破滅させる!

安倍晋三内閣は国家公務員の給与とボーナスを引き上げることを閣議決定した。バブル期以来...2年連続...大幅UP...安倍さんは「アベノミクス効果で経済好循環だから」としているが、人によっては2割近くも年収がアップすることになる。振り返ると2014年春、消…

リーダーたちを丸裸に斬る!トランプにみるパフォーマンスの重要性

人は「ありのままの自分」と「相手に見てもらいたい自分」を意識して自己表現しています。 大事なのは、実物より大きく見せるのではなく、等身大の自分を的確に見せること。本当の姿を魅せるために... 一般的に、日本人のプレゼンは理屈っぽくて単調!アメリ…

「社会保障と税の一体改革」に期待できない!ならば個人投資を始めよう!

「社会保障と税の一体改革」を徹底的に行えば、国民の多くにとっては公正かつ公平な社会になっていくはずです!しかしながら本気で成長戦略を立てる気などなしの安倍政権...日本の経済構造そのものに本気でメスを入れるリーダーはいつどんな形で現れるのでし…