読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

ダウン症の子供を育てる人気モデルの話と、「産まない」選択をした女性たちを悩ます言葉

ニューヨーク出身のモデル、アマンダ・ブースさんは2年前にダウン症の男児を出産し、現在は懸命に育児に励んでいます。 そもそも、なぜ人は誰もが「健康な赤ちゃんが生まれる」と思っているのでしょうか?現実はけっしてそうではありません。ダウン症もそう…

【有名人の前向き闘病ライフ】マイケル・J・フォックスとモハメド・アリに学ぶパーキンソン病との向き合い方

1998年に自ら「パーキンソン病を患っている」ことを公表した映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの俳優マイケル・J・フォックスは、「病気に対するポジティブな姿勢が一番の良薬だ」と語っています。パーキンソン病と四半世紀以上付き合ってきた…

地下鉄で女性に席を譲る大スター☆キアヌ・リーブス☆

17歳で映画の世界に入り、「スピード」で一躍有名になったキアヌ・リーブスはその後、「マトリックス」3部作で巨万の富と名声を手に入れました。しかし、キアヌは他のハリウッドスターと違い、「豪邸に住まない」「ボディガードを雇わない」「ブランド品を身…

マイケルジャクソンの娘パリスは洗脳されているのか?

2009年7月7日、全世界に中継されたマイケル・ジャクソン(享年50)の追悼式。。。金髪のお人形のような少女はマイクの前に立ち、泣きながら、しかし毅然としてこう語りました。 「私がこの世に生まれてからずっと、父は誰から見ても最高の父でした」 その後…

これからはロボットとセックスする時代?

なんとっ!ロボットとセックスできる時代がすぐそこまで来ているそうです! 映画『エクス・マキナ』やアメリカのドラマ「ウエストワールド」などを見ても分かるように、「セックスボット(sexbot)」と呼ばれるセックスパートナー・ロボットは、近年SFの世界…

まさかの急死した海外のスターたち

映画『恋のからさわぎ』や『ブロークバック・マウンテン』などで人気を博し、高い演技力とカリスマ性で世界中の映画ファンを魅了したオーストラリアの俳優ヒース・レジャーは、人気絶頂の中急死しました (2008年・享年28)。死因は処方薬 (睡眠薬など) の併用…

ダメンズにハマってしまう海外有名セレブたち

男っぽい性格を持ち合わせていないと成功しないとも言われる芸能の世界には、頼りない「ダメンズ」にハマってしまう女性たちも多いようです。母性本能をくすぐられてしまうのでしょうか。 数々のやんちゃ武勇伝を持つジャスティン・ビーバーと、くっついたり…

ピコ太郎はなぜブレイクしたのか?

シンガーソングライターのピコ太郎は、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」という謎のフレーズを繰り返しながらリズミカルに踊る動画を配信し、世界中で大人気となりました。一番大きかったのは、ジャスティン・ビーバーがお気に入りの動画として紹介し…

外国人と大恋愛した日本の有名人たち

愛し合う2人にとって、国境や言葉、文化の壁といった問題など全く関係ありません。あなたはそんな恋したことありますか? 私はあります☺️ そこで今回は、 そんな恋をしてきた日本の有名人を紹介してみたいと思います。是非、今後の参考にしてみてくださいね…

東京五輪でテロは起こらないと言い切れるのか?

2016年夏、バングラデシュで日本人7人が殺害された無差別テロ事件が発生! 世界中に大きな衝撃を与えましたが、それ以降も、フランスのニースやドイツのミュンヘン、アフガニスタンなどでテロが相次いでいます。 さらには、トルコではクーデター、タイでは軍…

あなたはアンバー・ハードのように大金をドーンと寄付できますか?

高額の寄付と聞くと、熊本大震災時のタレント?紗栄子さんの500万円寄付を思い出してしまいます。世間からは「金額をいうのは下品」「どうせダルビッシュのお金だろ」「偽善と売名の匂いがする」などとバッシングを受けていたものです。 さて、世界に目を向…

ジョニー・デップの元婚約者が過去にプッツンし現在結婚しない理由は?

俳優ジョニー・デップの妻アンバー・ハードが「とんでもないDV男だった」と発言し世間を騒がせましたが、ジョニーの元婚約者で女優のウィノナ・ライダーは、「私の知るジョニーは本当に善良で愛情深く、思いやりのある男性なの」と強く擁護しています。 「だ…

「タックスヘイブン」問題が隠蔽される理由

租税回避地(タックスヘイブン)を駆使した課税逃れの実態を明らかにした「パナマ文書」が世界を揺るがしてから数ヶ月が経ちました。今や全くと言っていいほど、話題になることもなくなってしまいましたね。 ところで皆さんは、「世界最大の租税回避地」がど…

長崎を「最後の被爆地」とするために考えるべきことは何か?

原子爆弾が広島に落とされたのは月曜日の朝でした。長崎はその三日後の木曜日午前11:02。同じ時期に開発され立て続けに使用された2発の原爆が、歴史の上でひと続きの出来事として扱われることに疑問や違和感を感じる人は少ないことでしょう。 ビキニ環礁での…

リオ・オリンピック開催時の性交渉でジカ熱拡散の恐れあり!?

ロシア陸上界のトップアスリートたちが次々とドーピング問題で不参加となっていく中、自ら「オリンピック不参加」を表明する選手たちもいます。その理由として挙げるのがジカ熱!ブラジル政府やWHOなどは「心配しすぎです」と安全をアピールするのですが、本…

痛すぎる海外セレブ!ニコラス・ケイジ編

1980年代から90年代にかけて、数々のヒット曲で世界中のヘヴィメタルファンを熱狂させてきたアメリカの人気ハードロックバンド「モトリー・クルー」。そのヴォーカリストとして大活躍したヴィンス・ニールさんは、なんと、こともあろうに、一般人女性に暴行…

なぜ世界のセレブはチャリティに積極的なのか?

ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど…大富豪たちが慈善活動に熱心なのは何でだろう?と考えてみたことありますか。確かに、税金対策や名誉欲も理由の一つなのですが、それだけではありません。以下、どうして彼らが他人のためにお金を使うのかを見てま…

「喪の仕事」と「養子縁組」から心の傷を考える

身近な人を失い、その事実を受け入れようとする心の動きを「喪の仕事」といいます。それは「ごく自然な心の流れ」であり、悲しみを悲しみ、悔やみを体験し続けること。 どんな場合であっても自然の流れに任せられればいいのですが、必ずしもそうはいきません…

デフレ脱却できない日本に外国人投資家はそっぽを向く

日本を代表する銘柄がズラリと揃う東証1部で2016年3月、外国人による「売り」の嵐が吹き荒れました。逆に、東証マザーズ市場では「買い」。「バイオ分野のソフトバンク」とも称される創薬バイオベンチャー、そーせいグループ 株が人気を集めたのです。アルツ…

慈善活動を行う海外の有名人たちに学ぶこと

華やかな面ばかりがフィーチャーされがちなハリウッドスターなどの有名人たちですが、実は、セレブパワーを活かして積極的に寄付や慈善活動を行っています。中には莫大な金額もあり、世界的に大きな影響を与えているのです。 そこで今回はそんな彼らの社会貢…

リッチーサンボラのボンジョヴィ脱退は病気か確執か?

2013年、ワールドツアーの真っ最中だったと言うのに何が起こったのでしょう 。。。人気ロックバンドBon Joviのギタリスト、リッチー・サンボラはコンサートをドタキャンし、バンドから離脱してしまったのです!ジョンとサンボラの長年の確執が表面化!?ボン・…

シューマッハの輝かしい栄光とスキー事故後の現在

冷徹で正確なドライビングから日本では「ターミネーター」、海外では「サイボーグ」と呼ばれていた元F1ドライバーのレジェンド、ミハエル・シューマッハ!彼は今、どうしているのでしょうか? F1や車に興味の無い方でも、ミハエル・シューマッハの名前くらい…

熊本地震で非難される有名人とメディアの不思議

フリーアナウンサーでタレントのみのもんたさんは熊本地震に関してツイッターで「自衛隊きちんとして欲しいね」と述べ、いきなり炎上しました。「自衛隊は不眠不休だぞ」「こういう発言は良くない」「現場を見てから言ってほしい」...まさかのツイッター開設…

人身売買にレイプ!日本でも起こり得る警察官の不祥事

日本ではあまり知られていませんが、世界のある所では「人身売買」が当たり前に横行しています。それは労働者としてであったり、臓器売買のためであったり、性的奴隷としての場合もあります。南アフリカの捜査当局によると、インターネットを通じて1歳7カ月…

亡き母に贈る宇多田ヒカル新曲への想い

見事復活を果たしたシンガーソングライター・宇多田ヒカルの新曲2曲を、皆さんはお聴きになられたでしょうか。彼女の音楽は国内レベルにとどまらず、もはや世界的シンガーのアデルなどと肩を並べる次元のものだと断言できるでしょう。『花束を君に』はNHK連…

猟奇的なニュースin 韓国

愛すべきお隣りの国韓国では度々驚くような事件が起きています!日本とよく似ているようで全く異なった顔を持つ韓国。。。ところで皆さんは、「猟奇的な彼女」という韓国映画を観たことがあるでしょうか。2001年に公開され大ヒットした本作は、可愛いけれど…

年収60億女優ジェニファーの自由奔放な生き方に学ぼう!

映画『ハンガー・ゲーム』や『世界にひとつのプレイブック』の主演女優として知られるジェニファー・ローレンスは、自由奔放な発言と誰もが認める演技力で今最も注目を集めているセレブリティの一人です。 そんなジェニファーの魅力を探ってみましょう(^-^) …

スーパースターのマドンナはステージも子育てもパワフル!

アメリカの歌姫マドンナとイギリスの映画監督ガイ・リッチーは既に離婚していますが、2人の間にはロッコ君という15歳のかわいい男の子がいます。 以前は母親のツアーに同行するなど仲良い母と子の姿が見られていたのですが ...今はそんなこともありません。…

韓国で大騒ぎの離婚問題の結末は?

「離婚したい!」 韓国第3位の財閥SKグループの会長が、元大統領の長女である夫人と別れたいことを告白し、証券市場までも巻き込んで大騒ぎとなっています。 「他の女性との間に子供がいるんだ」 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 崔泰源会長の結婚生活は事実上破綻し、…

反日韓国の高齢者貧困事情に日本の将来をみる

日韓国交正常化50周年だった2015年 、韓国で、両国の国内総生産(GDP)や国際機関への拠出金などが比較されました。それによりますと『世界で日本を軽く見る国は我が国(韓国)しかない』という笑い話から始まり 、「そんなに日本を甘く見ていいのか」と…

不可解な死刑と冤罪、加害者家族の人権を考える

イランで元情報省職員の男性を殺害したとして死刑を言い渡されていた女性 レイハネ・ジャバリ死刑囚(26)の絞首刑が今月執行されました。ジャバリ死刑囚は元職員から性暴力(レイプ)を受け、正当防衛で刺したにも関わらず... 事件が起きたのは2007年 …

意外と過激なバンコクの人々&タイの杉本彩

タイで1、2を争うセクシー人気歌手のジャ・アールサヤームさん は写真SNSインスタグラムに血まみれの写真を投稿! 「何だ?どうしたんだ?」とファンやマスコミが一時騒然となりました。 「鼻血が止まらない...」 写真を見たファンたちからは 「早く医者に行…

最愛の夫亡くしたセリーヌディオン長男の誓い

最愛の夫が突然亡くなったらあなたはどうしますか?悲しみ、泣き崩れ、何をしたらいいのか、どう生きていったらいいのかわからなくなってしまうのかもしれません。 しかし「時」の経過は、僅かずつながらも必ずあなたの悲しみを癒し和らげてくれます。 例え…

人生逆転の貧乏自慢有名人!逆境を乗り越えて

芸能界には、幼少期に苦節を味わったタレントさんがたくさんいるようです。有名な話では、「カマキリを食べていた」俳優の風間トオルさん。 風間さんは幼い頃両親が離婚し、祖父母に引き取られ、雑草を食べ、川の水を飲み、飢えを凌いでいたと言われています…

弱者救済を!逃亡する外国人労働者とDV被害障害者...

「除草用に飼われていたヤギを盗み食べた...」 窃盗罪に問われたベトナム人の被告は、技能実習生として来日していました。裁判で彼は、日本での過酷な労働について涙ながらに訴えました。なぜ、彼はここまで追い詰められたのでしょうか? 来日する以前の彼は…

白い薔薇を汚した安倍政権!国民にも著名人たちにも嫌われるのはなぜ?

白いバラは「尊敬する人」に贈られるもの。花に相応しい人の手に渡されたとき、薔薇は輝きを増します。 日本の叙勲制度も、国家的規模で白いバラを贈る営みと言えるかもしれません。有名無名を問わず、道一筋に生きた人たちに贈られるもの。 真摯な生き方に…

韓国で話題の間欠性爆発性障害とは?旅先では気をつけて!

韓国ソウルの市民苦情受付コールセンターに、若い女性から電話がかかってきました。「自宅周辺の騒音がひどくって、迷惑してるんだけど...」 しかし、通話状態の悪さもあって会話がかみ合わなくなると... 女性は急に腹を立て「電話の応対がなってないっ!」…

イスラエルが確認した闇サイトの実態〜個人情報の危機

インターネット上の「闇サイト」では、犯罪に利用される様々な情報が売買されています。これは海外だけではありません。日本のクレジット会社を利用する個人の情報までもが取引されているのです。もしかしたらあなたのカード情報が悪用されているかもしれな…

約束違うTPP〜次々と制度改悪させていくアメリカのしもべ安倍

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加12カ国は、協定内容について大筋合意に達しました。今後、必要な手続きが順調に進めばTPPは来年にも発効されるかもしれません。 狡猾な安倍政権がバカな国民を騙すために言っているTPPのメリットとい…

貧困層を狙う違法臓器売買〜バングラデシュの現実

日本ではあまり報道されていませんが、世界では貧困のため臓器売買が当たり前に行われています。その一例をここに紹介したいと思います。 《バングラデシュ》 バングラデシュの農村部に暮らすラウシャンさん(28歳)は何年も借金に苦しみ、ついに家族と同じ…

イスラム国問題にみる社会の歪み!人間らしく生きていくためにすべきこと

パリ同時多発テロは「シリアで計画されベルギーで組織された」と発表されました。(2015年11月) フランス軍は「イスラム国」が首都と称するシリア北部ラッカで空爆を活発化させています。これまでも米ロなどが行う空爆で民間人の犠牲者を出し続けていましたが…

近親婚で考える遺伝子のミステリー!日本に近親婚の必要はないのか?

古代において近親婚は「尊い血を濃くするため」と、肯定的にみなされていました。エジプトではクレオパトラの両親は兄弟姉妹でしたし、日本の皇室もそうでした。 また、「おじ姪婚」「おば甥婚」なども 、中世ヨーロッパでは恒常的に行われていました。 【ソ…

エストニアに学ぶマイナンバー制度!日本には不安がいっぱい!

国民一人ひとりに、一生変わらない12ケタの番号が割り振られる「マイナンバー制度」の運用が2016年1月から始まりますが、既に誤って住民票に記載してしまうミスが各地で相次いでいます。 管理体制への不安から 「絶対流出させるだろう」といった声が聞こえて…

マイナンバー制度のリスク高!それでもあなたは利用しますか?

世界でも先進国の多くが類似の制度を導入しているマイナンバー制度の番号通知がいよいよ始まりました。運用する機関にとっては利点がある一方で、個人にとってはリスクばかりが目立つこの制度。 個人情報の流出や悪用のリスクばかりが想定されるのに、なぜ早…

ユネスコに異議あり!公正中立を守る必要性を考える!

自民党の二階総務会長は、ユネスコの世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺」に関する資料が登録されたことを念頭に、ユネスコの分担金について、分担金のあり方を見直すべきだという考えを示しました。 「日本の主張がどれだけ通っているかということが…

芸能界のDV疑惑!弱者に当たる心の弱さを考える

オーストラリア政府は、2015年12月に豪州ツアーを予定しているアメリカのR&B歌手クリス・ブラウンの入国を拒否! なぜなら彼は2009年、当時ガールフレンドだった歌手のリアーナさんを暴行し、執行猶予付きの有罪判決を受けたのです。この事件以降、イギリ…

海外セレブの虐待事情〜消えない記憶と子供の権利

2015年9月...長崎県の児童相談所が怠慢を行ったニュースが世間を騒がせています。児童相談所が適切な対応を取らなかったことで、1人の少女(当時5歳、現在10歳)が何年間も母親と祖母から虐待を受け続けてしまったのです。 許せません! 行政の怠慢... 親身に…

ヘプバーンやグレースの遺伝子〜受け継がれる美貌

今もなお、世界中の人々を魅了し続けるハリウッド黄金時代の名女優、グレース・ケリーとオードリー・ヘプバーン... 【二大女優の共通点】 この2人にはいくつかの共通点があります。それは... 1. ファンからも批評家からも愛された 2. 美貌・気品・ファッショ…

岸部四郎さんは今...「高齢者が暮らしやすい国」ランキングで考えること

「高齢者が暮らしやすい国ランキング」ということで、日本は第8位にランクインしました。(96ヶ国中) 「本当かな?!」 おそらく、日本人の多くは「そんなに暮らしやすくはないんだけどなぁ」と思っているのではないでしょうか。 参考データとしては、健康・…

難民をみない国日本!利他の心ある国に成長しましょう!

オーストリア東部の小さな町に駐車されていた保冷車から、シリア難民とみられる71人の遺体が発見されました。 ラビア沖の地中海でも移民を乗せた密航船が沈没し、200人ほどが死亡したとみられています。 ******** 【増える移民・難民者】 アフリカや…