読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

苦しんだ有名人たちの声 乳がん検診を受けましょう

「国民の2人に1人は癌になる」とも言われ、多くの方が苦しめられているがんですが、、、

 

その中でも、「自分で早期発見できる」と言われているのが乳がん

 

しかしながら、

ピンクリボン運動”など、乳がんについての啓蒙活動を目にしても、


「自分はまだ若いから」

「家族に乳がん患者がいないから」
…と、他人事のように感じている人たちが多いのが実情なのです😞

 

 

 

残念なことですが、

私たちが思っている以上に乳がんを発症する方は増えているのです✋



有名人の中にも、

本当に多くの方々が乳がんを患っています...

 

例を挙げればキリがないのですが、

 

島倉千代子さん、森光子さん、綾戸智絵さん、アグネスチャンさん、樹木希林さん、麻木久仁子さん、田中好子さん

 

など...

 

 

発見が早く助かった有名人の方もいれば、
発見が遅れたりがんの症状が重く助からなかったりした方もいます😞💧

 

 

 

 

山田邦子さんの場合】

 

山田さんは、40歳代後半で乳がんを発症!😲
テレビ番組でたまたま乳がんの特集番組に出演したのがきっかけで、

その時に違和感を覚えて検査を受けたのだそうです。

 

幸い、早期の乳がんでした😅

 

(当時はまだ、乳がんというものがあまり知られておらず、

山田さんの告知をきっかけに

乳がんの検査を受ける方が増えました。)

 

 

 

 

 

倍賞千恵子さんの場合】

 

倍賞さんは、あるテレビ番組で自身が乳がんであったことを告白しました✋

 

「多くの女性を乳がんから守りたい」という思い...

 

 

 

 

宮崎ますみさんの場合】

 

宮崎さんは乳がんの摘出手術を行ない、倍賞さん同様、乳がん早期発見運動のための活動を行っています✋

 

乳がんマンモグラフィー検診のテレビCMでご記憶の方も多いのではないでしょうか✋

 

宮崎さんは、術後のホルモン治療放射線治療を受けた経験も明かしています。


乳がんは恐ろしい」

乳がんは苦しい」

 

 

f:id:celebritynews:20150213105653j:plain

 

 

川村カオリさんの場合】

 

当時まだ30代の若さで、人気歌手であった川村さん🎤

 

ハスキーボイスで世間を魅力しておりました!

 

彼女の場合は、乳がんを患い、ついに帰らぬ人となってしまいました(享年38歳)😞

 

 

 

 

【有名人の乳がん検診キャンペーン活動】

 

「自分と同じ苦しみを味わう人を1人でも少なくしたい」

 

・・・

そんな思いから、皆さん積極的に活動に参加されています👏

 

それだけ、

乳がんは肉体的にも精神的にもダメージの大きい病気なのです!

 

 

 

 

・・・
2015年2月11日...
 
読売テレビ清水健アナウンサー(38)の夫人が乳がんのため亡くなりました(29歳の若さです...)💧

清水さんは、夫人の看護のため2月に入ってから仕事を休んでいました。。。
 
・・・
付き添い看護という私的な時間を頂戴した自身のわがままを深くお詫び申し上げますとともに、温かく見守っていただいた視聴者の皆様方に、あらためて厚く御礼申し上げます」
 
 
...昨年10月には第1子となる長男が誕生したばかり...😢
 
(もしも出産を諦めていたならば...
もし..治療に専念していたら...)
 
葛藤に深く悩み抜いたことと思います😞
 
 
 
・・・
(男性の皆さんも含めて)
 

彼女たちのメッセージを素直に受けとめて、是非、定期検診を受けていただきたいと思います🙏