読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

過去の愛はレイプと化す?男女の意見相違の真相は?

レディ・ガガさんは昨年、「私は19歳のときにレイプされました」と告白しました。

日本の芸能界でも、「枕営業」や性被害の噂は頻繁に語られています。

 

被害者には

「私も悪かった」

「恥ずかしくて誰にも相談できない」

 

といった心理が働き、

 

10年以上経って専門機関に相談に来る人も少なくないといいます...

 

 

 

そんな中、

 1989年の天安門事件民主化運動指導者の柴玲さんが、

「米国亡命後の1990年に、同じく民主化指導者の遠志明さんにレイプされた」ことを告白しました!

 

目的は、遠さんの謝罪。

 

現在は牧師をしている遠さんは、柴玲さんの言い分を否定し、「事実無根」と主張しています。

 

 

真実はどうなのでしょうか?

 

 

f:id:celebritynews:20150323150145j:plain

 

当時2人は親しい間柄で、

柴さんが主張する「レイプ事件」は、宿舎で一緒にいたある日の夜の出来事だったといいます。

 

遠さんの言い分は、

「柴さんとは親しく付き合っており、性的な関係はあったが、それは双方合意のもと」...

 

 

両者の言い分は食い違っていますが、果たして真相はいかに?

 

 

 柴さんは米国人男性と結婚し、夫婦でIT関連会社を経営していますが、

「遠さんは牧師として、宗教活動を行なっていることに疑問を感じ、昨年6月、遠さんと会って、謝罪を要求しました」と語っています。

 

 

 遠さんがこの要求を拒否したことから、

柴さんは自らのブログ上で「遠さんに謝罪してほしい」と求めたそうなのです。

 

 

今回のようなケースでは、

 

・既に時効が成立している

 

ために、刑事罰は問えませんが、民事事件として損害賠償訴訟を起こすことはできます。

 

 

このことは、単に2人の問題ではなく、

 

民主化運動の進展そのものにも悪い影響を与える」と囁かれ始めています。

 

 

今後、着地点を見つけ出すことができるのか、見守っていきたいと思います。