読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

ドラマ「相棒」の脚本に疑問や不満の嵐!

皆さんは、水谷豊主演の人気ドラマ「相棒season13」の最終回をご覧になられただろうか?

日本のみならず、海外でも大きなブーイング⤵︎が起こっているようです...😤

(ブーブー)


3代目相棒を務めた成宮寛貴が卒業するとあって、その結末はこれまでとは違い、衝撃的ではあったのですが、、、


衝撃的ではあったのですが、


「こんなの納得できない!」

「制作側の横暴だ!」

「あああ~!!こんな結末いやだー!」

「相棒を変えるにしても、もっと他に方法があっただろ!」

「今までと違う結末にしたかったのだろうが、こんなラストは受け入れられない」

「急すぎる。この結末に至るまでに伏線を張れなかったの?心境の変化を描いてほしかった。これでは卒業させるために無理やり書いたようなもの」💡



f:id:celebritynews:20150324164146j:plain


まさに、その場しのぎで作られた脚本に則って制作された”最終話”

でしたもんね〜

(誰の目にも明らか)



いろんな大人の裏事情があるのでしょうが、せめて、ファンの期待を裏切らないようにしてもらいたいものですね

(^-^)


次回はスペシャル企画として、

伝説の刑事ドラマに
右京さん(水谷豊)に出演してもらいたいですね〜

たとえば、




新しく”七曲署”に配属された右京さんは
「インテリデカ」と呼ばれ、

アクション・シーンは一切せず、
相棒の誰かに任せます。


「う〜ん、イマイチですね〜」



それならば、

渡る世間は鬼ばかり」で泉ピン子さんと共演してみるのもいいかもしれませんね😊

相棒はもちろん、大人になったえなり君!



これもイマイチか〜



やっぱり刑事モノとのコラボで
踊る大捜査線」でしょうか...



いずれにしても、
長引くシリーズ化は
今の時代、あまりよくありません。


右京さん、
お疲れ様でした。

暫くゆっくり休んでくださいね😊