読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

北朝鮮に娘を奪われた母親の言葉「娘に会わせて!」

横田早紀江さん(78)は、

 
「めぐみが忽然と消えた日のことを今でも忘れられません」
 
「絶望の淵に立たされました」
 
と語っておられます。
 
 
 
 
1977年11月、
 
横田めぐみさんは、北朝鮮に、確かに拉致されたのです!
 
日本政府はなす術なく、指を加えて傍観するのみ...
 
 
 
そんな無力国家日本に、泣き言も言わず、徒労に終わるだけの淡い期待はせず、
 
早紀江さんは、神に祈るのみ...
 
 
 

「神様!もう一度、娘に会わせてください!」

 
 
 
(あなたならどうしますか?)
 
いつも家族の中心にいた明るい女の子が、ある日突然消えてしまったのです!
 
 
 
 
「どこかで必ず生きている」と信じながらも、
 
生きる気力を失い、黒雲は常に心を覆い、これからどうやって生きていけばよいのか...
 
 
虚しい日々は流れていきます...
 

「神様!どうかお願いします!」

 
 
 
 
2014年3月、
 
横田夫妻は、めぐみさんの娘であるキム・ウンギョンさん夫妻と、生後10ヶ月になるひ孫と面会することにしました。
 
 
「私たちも年齢を重ねてきて、せめて孫とは会っておきたい。今会えなければ、もう会えないかもしれないですし...」
 
 
 
f:id:celebritynews:20150328095857j:plain
 
 
 
それでも
 
「13歳で拉致されためぐみは今50歳」
 
「神様!もう一度、生きているうちに娘に会わせてください!」
 
 
 
このように祈る早紀江さんの願いが、
 
...叶うことを願うばかりです。