読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

芸能事務所の掟に悩む武井(恋愛)と能年(洗脳)の騒動ズバリ!

エンタメ 男と女 アイドル

武井咲の恋愛騒動】

 
 ドラマの共演で知り合い、交際・熱愛の噂があがっているEXILEのTAKAHIRO (30)と武井咲(21)...
 
4月中旬、武井が誰かに連絡を取りながら周囲を警戒し、自宅マンション裏口から帰宅する姿が目撃されています。
 
その1時間前...
TAKAHIROは事務所の車でこのマンションに来ています...
 
 
武井は以前にも何度か、
TAKAHIROとのデートを目撃されており、これはもう間違いなし!!
 
 
そんな武井が所属しているオスカープロモーションには「恋愛禁止条例」というそれは厳しい鉄の掟があります!
 
 


二人の所属事務所は、
「2人は役者仲間としての関係であり、男女の交際ではない」と否定しています。
 
特にオスカープロモーションは、「今後は第三者がいても、TAKAHIROとは二度と会わない」と語気を強めて全否定!
 
実に、不自然極まりない“交際否定”宣言ですね〜(^^;;
 
 
f:id:celebritynews:20150429095856j:image
 

オスカーに存在する”恋愛禁止の掟”とは
...
「10代でデビューした場合は25歳まで、20代デビューの場合はその後5年間は恋愛禁止」というもの!
 
これを、タレント全員のデビュー時に契約内容で伝えているみたいですね。
 
 
上戸彩の場合も、EXILEのHIROと熱愛発覚したのは25歳の時」


武井咲は12歳でデビューし、現在21歳。
なので、恋愛したら即アウト〜〜〜👊
 
 


「多くの女性タレントを抱え、大手企業のCM契約が大きな売上になっているオスカーの場合、この“恋愛禁止条例”は同社の清潔なイメージを支える非常に大事な生命線になっています。」
 
 
契約違反の武井に”お咎めなし”はあり得ないでしょう。(どんなペナルティが科されるのか)
 
オスカーは、問題を抱えるタレントに対して見切りが早い事務所...
 
今は複数のCM契約が残っている武井でも、ドラマで視聴率を稼げないタレントに用はないかもしれません...
 
かつての福田沙紀のように、仕事を干されてしまう可能性もあるかもしれませんよ〜
 
事務所の後押し(プッシュプッシュ)で、ドラマや映画に数多く出演してこられた武井ですが、特に代表作はなし...
 
戦力外通告」されてもおかしくはないですよん(^^;;
 
頑張ってくださいね〜
 
 
 
 
 
能年玲奈の洗脳騒動】
 

 ことの発端は、能年が所属する芸能事務所『レプロエンタテインメント』に無許可で、自身を代表取締役とする株式会社『三毛&カリントウ』を今年1月に設立したこと。同社の取締役が滝沢充子氏(53)とあって、滝沢による能年への洗脳騒動が巻き起こっています。

 週刊文春が報じたのは、能年が所属事務所のレプロから受けた“いじめ”とも取れる冷遇について。

あまちゃん』時代の能年の月給は5万円...

確かに、芸能界の掟では、キャリアのない能年のような若手が独立することは許されるものではありません。

ただ、この事務所には能年をきちんとマネージメントできる人間がいなかったという不幸な事実があります。

能年自身は「ただ、仕事がしたいだけ」

(現状の、干されたままの状態ではもう耐えられない...)

 

タレントは商品であり、お魚ではないので

「干した」「干された」と干物にされるよりは「売れている」「今が旬」などの話をされる方がマシかもしれませんね〜

 

にしても「じぇじぇじぇ!」である!

 

 


「魅力開発トレーナー」という肩書で演出家や振付師として活動する滝沢氏に能年は心酔しきっており、現在は能年のマンションで同居生活を送っているというのだが……。


これまでも能年と同じ芸能プロ『レプロ』に所属する新垣結衣長谷川京子などの指導も手がけた実績を持っている滝沢氏。

しかし、業界内で『洗脳』のウワサが囁かれるようになったのは半年ほど前から...

『主役以外の作品は断れ』

 

 

 

洗脳といえば元「オセロ」の中島知子

“自称・霊能師”に心酔し、肉ばかり食べて激太りしていましたね。


華やかな芸能界にいながら「孤独」と隣り合わせという現実が生み出すパラドックス...

能年は、中学卒業後に兵庫から上京。芸能界に友達が一人もいないことを公言していたし、極度の人見知り。昨年は大好きだった祖父を亡くすなど精神的にも不安定だったのは間違いありません。

「マネジャーを含めて事務所スタッフとの関係がうまくいかない中で唯一、信頼できる女性が滝沢氏だったというわけでしょう」

■頼みの綱は小泉今日子

「芸能人が大手に所属しながら個人事務所を立ち上げること自体は税金対策などでよくあること」

滝沢氏は当初、所属事務所から『演技指導してくれ』『身のまわりのことも見てほしい』と頼まれていました。

 

 

仕事をしたいのに、過剰にセーブする事務所に不信感を持つ能年...

信頼できる滝沢氏...

能年の仕事戦略を誤った事務所...



 しかし、どんな理由があれ“育ての親”に弓を引けばただでは済まされない。

 

あまちゃん」で能年の母親を演じた小泉今日子が救いの手を差し伸べるというウワサもありますが、何とかなるのでしょうか?

f:id:celebritynews:20150429104200j:image

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HJRTM+A7XWMQ+S7A+HXSGH" target="_blank">