読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

プロ野球史上初の珍事!セ全球団が借金?なぜ?今こそ大改革を!

スポーツ ニュース
プロ野球セ・リーグの全6球団は、勝率が5割を切り、借金となってしまう珍事が発生してしまいました😯

首位ヤクルトが37勝38敗(勝率・4933)、2位阪神が36勝37敗(勝率・4931)でともに借金1。この日試合がなかった巨人が37勝39敗(勝率・487)で3位、DeNAが36勝38敗(勝率・4864)で4位、広島が35勝37敗(勝率・4861)で5位、そして中日が33勝44敗(勝率・440)

まさか首位のチームも負け越しているなんて...


信じられませんね✋

それもこれも、セ・パ交流戦があったから!

そして、セがパに大きく負け越したから!

セ・リーグが弱いのは仕方ないとしても、プロとしてこれでは...

野球人気が益々低下していくじゃあないですかっ!

2020年の東京五輪、そしてそれ以降のオリンピックに野球は...無縁?

あまりにも情けないプロ野球の失墜に、大改革の必要性を強く感じずにはいられません!


プロ野球ファンは、この10年間で 16%、約1000万人が減少したと言われています。
(かくいう私もその1,000万人の内の1人です)😒

だって、面白くなくなったから!

f:id:celebritynews:20150703231742j:image

個性的でスターを感じる選手は日本ハムの大谷ほか数名くらいだし、

なんたって、闘っている選手に一生懸命さや覇気が感じられない...

なぜなんでしょう!?


もう、こうなれば、
年間の試合数を半分に減らして
その分、年俸も半分にしてしまいましょう!

そうすれば、長くダラダラ〜っとしたシーズンもコンパクトになり、選手一人一人はより一生懸命に、全力でプレイすることになるでしょう。

母体企業の経営も少しは楽になるといいですね。


そういえば、昔阪神タイガースがとっても弱かった頃、「高校野球王者のPL学園にも負けるだろう」「たけし軍団にも負けるだろう」と言われておりました。

この企画を実践してみてはどうでしょうか!

シーズン最下位の弱小チームと高校野球ベストメンバーチームとの対決!

もし、高校野球チームが勝てば好条件でプロ入りでき、一方、負けたプロチームの年俸は大幅ダウン⤵︎

その余剰金は有効に野球選手育成基金に利用しましょう⚾️

f:id:celebritynews:20150703233553j:image

そして、四国と沖縄に1球団ずつ作り、12球団から14球団に!

そうすると、敢えてセパ交流戦の期間を設ける必要はなく、シーズン中に定期的にセパ交流試合が出てきます。

(これで日本全国にバランスよく球団が配置でき、シーズンも新鮮な感じがしませんか?)

そしてもうひとつ、
私自身がプロ野球離れしてしまった原因の一つ...

応援団(応援方法)のマンネリ化

トランペット隊のワンパターンすぎる応援手法...

あれ、やめませんかっ✋

全然燃えません
(むしろ醒めてしまいます)

f:id:celebritynews:20150703234544j:image


それならば、アマチュアのこんな感じの方がまだマシです

f:id:celebritynews:20150703234652j:image

以上、いくつか改革案を述べましたが、

一番大切なことは、いかにファンを魅了できるかです!

選手の皆さん、頑張ってください!