読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

売れっ子アイドルの過労死は?睡眠は不足も過眠もあかん!

出産後に仕事復帰した女性たちは、「時刻通りに退社できるかな〜」「保育園のお迎えに間に合うかなぁ」と思いを巡らし、家に帰り着くと息つく間もなく夕食の準備...

 
チャチャッと食事を済ませると、片付け&子供のお風呂。そして、走り回る子どもにパジャマを着せて寝る準備。添い寝で自分もうとうとし、気づけば深夜。台所には夕食の食器がそのまま残っている...😞
 
 

【働く女性の育児】

育児をしながら働く女性たちは、家庭では家事と育児の両方をほぼ一人で担っています。
 
これは並大抵のことではありません!
 
しかし、好きな仕事を続けながら家のことも頑張ろうとする真面目な女性たちは無理をしてしまいます!
 
なかなか音をあげません!
 
疲れていても、「気合で何とかするわ」
 
そのうえ夜中に
 
・お肌の手入れ
・勉強
をしたりして、
 
睡眠時間が慢性的に不足しがちです。
 
世間には、無理を続けている女性が少なくないのです!
 
 

【6時間以下睡眠は危険!】

日本の働く女性たちの平均睡眠時間は...
 
6時間!
 
実はこれは過労死ラインだというのです!
 
近頃は、以前ほどニュースで聞かなくなった過労死ですが、実は子育て世代の働く女性に警鐘が鳴らされています。彼女たちの睡眠不足は、国際的にも群を抜いています。
 

あなたは大丈夫ですか?

 
脳梗塞心筋梗塞を発症してしまうかもしれませんよっ!
 
 
実際のところ、女性は男性に比べてホルモンの恩恵で心筋梗塞等の発症リスクが低いのですが...
 
うつ病や不安障害の発症に繋がる危険性があります!
 
 
慢性的な体のだるさや頭痛を感じていたら、一度病院で診てもらってくださいね
 
 

【睡眠不足で過労死した芸能人は...】

今まで聞いたことありませんが、たとえば、小室哲哉さんの妻で歌手のKeikoさんや磯野貴理子さんなど、若くして脳出血で倒れた人たちはある意味、過労死の一歩手前だったのではないでしょうか。
 
 
『気合で睡眠時間を削れば仕事も家事ももっとできる』
 
と思うかもしれませんが、実はそうではありません。
 
20〜30年前のアイドル全盛期には、売れっ子たちの睡眠時間は3時間弱...
たとえばピンクレディとか。
 
 
f:id:celebritynews:20150902212843j:image
 
 
それでも超多忙な期間は2〜3年ほどであり、何とか...運良く命を奪われることはありませんでしたが、多くのアイドルたちはその後うつ病に苦しんだり更年期障害に悩まされたりと、心身に異変をきたしている人も結構いるのです。
 
問題は別にありますが、多くの自殺してしまった芸能人たちは、まずうつ病を発症しています。
 
睡眠不足はそれ自体がうつ病の発症リスクを高めてしまうのです。
 
 
2011年頃でいうと、AKB48前田敦子さんは十分な睡眠がとれていないことがテレビを観ていてもわかりましたよね。
 
メイクでもごまかしきれないほどに、目に凄いクマができていました。
 
相当眠れていなかったんでしょうね...
 
 
 

【欲張り過ぎず、諦めることも大事】

たまたま何事もなかった!
たまたま運が良かった!
 
しかし、皆さんには是非、しっかりと睡眠時間をとっていただきたいと思います
 
 
睡眠不足を解消するためには何かを諦めることも大切です。何もかもと欲張りすぎず、優先順位をつけ、ストレスに押しつぶされないようにしてくださいね。
 
何より優先すべきものは、自分も含めた家族の健康であるはずです!
 
 
《追伸》
 
睡眠不足が身体に良くないことはよく知られていますが、実はそれと同じぐらい「寝過ぎ」も良くないのです!
 
・脳の機能低下
・腰痛
・頭痛
・うつっぽくなる
・死亡リスクを高める
 
 
気をつけてくださいね。