読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

松嶋菜々子が「働くママ」にならざるを得ない訳

男と女 エンタメ

7月からスタートするドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)で女優の松嶋菜々子さん(42)が主演をつとめることが決定しています。このドラマでは、松嶋菜々子演じる「かつては広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクターだった」女性が、出産と育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰し奮闘する物語が描かれています。仕事と家庭の両立を図る「働く母」...現代社会のリアルな一面をテーマとしているので、共感を覚える方も多いのではないでしょうか。

 
 

松嶋菜々子さんといえば

2000年に『やまとなでしこ』(フジテレビ系)でヒロインをつとめ34%という高視聴率を記録!2011年には『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で40%の高視聴率を叩き出す!
 
と、“高視聴率女優”の異名を持っているようです。近年、ドラマの視聴率に苦しむフジテレビにとって勝負の一作となることは間違いないようですね。
 
 
 

夫の反町隆史

2015年10月から2016年3月にわたり、人気ドラマシリーズ『相棒14』(テレビ朝日系)に出演し、主演の水谷豊さん(63)の4代目相棒を担当。しかし、あまりパッとした活躍はできていないですよね。歴代相棒の中で一番印象が薄い気がします。おまけにここ最近では『相棒』以外に目立った露出がありません。
 
 

f:id:celebritynews:20160629172417j:plain

 

家庭を優先する妻の立場としては

「夫の仕事」に気が気でなかったでしょう。松嶋さん自身は家庭優先で、『ミタ』以降女優業はセーブしていました。「夫に稼いできてもらわないと困るんだけどなー」
 
そんな思いもあってか、松嶋さんは今度の新ドラマに気合が入っているようです。フジテレビも然り。
 
夫妻としては過去に、飼い犬のドーベルマンを巡るトラブルで1725万円の支払いを命じられている上、2人の子どもを育てていかなければなりません。「なんとか家計を支えていくためにも、私が働かないと...」
 
そんな思いで松嶋さんはドラマ出演を決意したのではないでしょうか。
 

頑張れ!旦那!

 
 

所属事務所の思惑も...

今回の「松嶋さんドラマ主演決定」には、「家計不安」や「フジテレビの思惑」以外にも、「松嶋さんの所属事務所の問題」も見え隠れします。同事務所では、看板女優であった井上真央さん(29)が4月に退社したばかり。。。
 
「困っているんだよ、菜々子ちゃん。このままではうちの事務所苦しいんだよ」と今回、松嶋さんに白羽の矢が立てられたとも言われています。芸能事務所も大変ですね〜。
 
様々な思惑が交錯する松嶋さんの“職場復帰”ですが、ドラマ同様「働くママ」として奮闘する松嶋さんの動向に注目してみてみましょう。反町さん!くれぐれも、高知東生容疑者のように奥さんを困らせることだけはしないでくださいね。