読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

AV女優への貢ぎ物も確定申告が必要

職業寿命数年というAV業界にあって、デビュー9年目となる里美ゆりあさん(31)は数少ない売れっ子女優の1人です。「男を悦ばせる天才」なんて呼ばれるほどに大人気なんです。美人と不美人の生涯賃金格差は3,600万円なんて研究結果もあるようですが、彼女の場合はその特殊な職業ゆえに、もっともっと大きな利得を得ているようです。

 

 

 

 

ゆりあ嬢を「丸裸」にしたのは...

2014年、彼女を丸裸にしたのは、AV制作会社の人間でも彼氏でもありませんでした。東京国税局の、腕利きの調査官たちだったのです。

 

彼らは任意の調査で個人や法人の大口所得隠しを暴きます。その調査力は、強制調査ができる『マルサ』こと査察部を凌ぐとも言われているほど凄いのです。

 

 

 

彼らは、彼女の銀行口座の出し入れを見て、07年から13年までの7年間で約24500万円の所得があったことを突き止めました。おまけに彼女は、毎年の確定申告を義務付けられている個人事業主であるにもかかわらず、その間に一度も申告を行っていなかったのです。

 

そこで、『所得隠ししているだろ?』となったわけなんです。

 

 

f:id:celebritynews:20161001171836p:plain

 

 

 

AV女優としての報酬は?

AV女優のギャラは、高くても1100万円と言われています。里美ゆりあさんの場合、出演本数は年間20本にも満たないのに、どうやってそんな大金を稼ぐことができたのでしょうか?

 

実は、AV女優としての報酬は約4500万円だけ。残りの約2億円は、個人的に相手をした男性から得たものだったようなのです。このケースは特殊なものですが、これもやはり、美人と不美人の生涯賃金格差というべきものなのかもしれませんね。

 

 

f:id:celebritynews:20161001171854j:plain

 

 

 

これに対する調査官たちとゆりあ嬢の反応は?

これを『接待サービスへの対価』とみなした当局は、所得税に消費税、さらに無申告に対するペナルティとして重加算税と延滞税を加え、合計で約11500万円の追徴課税を課しました。

 

彼女はこの処分を一度は受け入れたのですが...

 

 

やっぱり納得がいかなかったのか、程なくして態度が一変。所轄の目黒税務署に、「申述書」なる文書を提出しこう反論したのです。

 

 

〈交際していた男性から確かに金銭の授受はありましたが、私が決めた金額でもなく、精神的・肉体的な慰謝料として頂いたものであり、自由恋愛の結果だと思っております〉

 

 

 

さらに「異議申し立て」も行い、

 

〈特定の個人から結婚を条件に交際いたしましたが、成就しなかったので慰謝料として金銭を受け取ったのです〉

 

 としたうえで、

 

〈大阪在住の医師〉

FX株取引会社〉

〈香港在住の不動産業者〉

NPO法人主宰者〉

 

 から、それぞれ5,000万円を受け取ったことを明かしたのです。

 

 

f:id:celebritynews:20161001171927j:plain

 

 

 

まとめ

慰謝料は所得税法上、心身に受けた損害を賠償するものであって、新たな所得に勘定されないため、非課税となります。彼女は、税理士にそういう知恵をつけられたのでしょう。

 

 

 

心身ともに傷ついた割には、7年で4人との婚約は変わり身が早すぎますし、そもそも婚約不履行に対する慰謝料の相場は50万~200万円。15,000万円の支払いが『慰謝料』と認められるわけもありません。

 

 

結局、申し立ては却下され...

 

 

延滞税がかさんだことで、当初よりも納税額が膨れ上がったようです。

 

 

 

今回はAV女優の「報酬・貢物」問題を取り上げましたが、政治家の政治献金問題や芸能人たちの仕事以外での特別な収入は税制上どうなっているのか、もう一度確かめ直してみる必要がありそうですね。