読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

「マドンナの息子逮捕」から知る!犯罪歴のある2世界タレントたち

エンタメ どん底人生

16歳の息子ロッコ・リッチーがマリファナ所持で逮捕されたことを受け、マドンナはプライバシーの尊重を求め、次のようにコメントを出しています。

「私は息子をとても愛しています。息子が必要とするサポートは全てするつもりですし、みなさんには私たちのプライバシーを尊重していただくようお願い申し上げます。」

 

マドンナと、映画監督で元夫のガイ・リッチーとの息子であるロッコは、近隣住民の通報により駆けつけた警察官によって、「大麻が発見された」としてロンドンのプリムローズ・ヒルで逮捕されたのです。

 

近隣住民の通報...

 

そうです。ロッコは悪い意味で良く知られた存在。地元住民は彼の行動にうんざりだったのです。不審な行動も頻繁に目撃されていました。その結果、ついに警察に通報されたわけです。

 

その後すぐに保釈されていますが、軽犯罪として初めて逮捕された者に適用される「更生システム」下に置かれているとみられています。

 

 

f:id:celebritynews:20170114153209j:plain

 

 

 

◉  犯罪歴のある2世タレント

日本の芸能界史においても、親のコネ & 七光りによってデビューする者もけっして少なくなりませんが、失敗も多いのが2世タレントの宿命なのかもしれません。歌手や俳優でデビューするも、成功する人はごくわずか。親が有名だから子供も...とは甘くないようです。

 

例えば、

最近の例で見ると、女優高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太は、宿泊したいたホテルの従業員女性を性的暴行したとして、強姦致傷で逮捕されました。示談成立で不起訴処分となり釈放されましたが、芸能界復帰は絶望的なのではないでしょうか。

 

他にも、父が俳優の若山富三郎若山騎一郎と、父が俳優の上原謙仁美凌。2人は俳優と女優です。あまり見かけませんが...そんな二人は夫婦なのですが、自宅で覚せい剤をしようし御用となってしまいました。

 

f:id:celebritynews:20170114160749j:plain

 

 

ちょっと前を振り返って見ると、みのもんたの次男で元日テレ社員の御法川雄斗は、コンビニのATMで他人のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとして窃盗未遂の疑いで逮捕されました。彼の場合は芸能人ではありませんが、テレビ局には「親のコネ」で入社しています。

 

俳優・中村雅俊の息子や、ヒデとロザンナの息子、大空真弓の息子、横山やすしの息子、三田佳子の息子、石田純一の息子・いしだ壱成なども、大麻覚せい剤で捕まっています。

 

 

 

◉  黒木瞳の娘がイジメに関与? ◉

犯罪としては立件されていませんが、同級生の女子をトイレに追い込み、服を脱がせて写真を撮影した男子中学生が、実は黒木瞳の娘に雇われてイジメ行為を行なっていたことが話題となりました (真相のほどは定かではありません)。

ただ、実行犯である男子中学生は退学処分、そして、なぜか被害者の女生徒も退学処分を受けています。そして、首謀者とされる黒木瞳の娘は3日間の停学処分。この処分が事実なら、黒木瞳の娘は大して関与していなかったのか、それとも親の圧力で罪が軽くなったのか..

 

 

2世の人たちは、何の後ろ盾もない人よりスタートが恵まれているだけに、どこかで道を誤ってしまうのかもしれません。ただ、好奇の目をよそに人一倍頑張って結果を出している2世の人たちもいるはずなので、偏見の目で見ることだけはやめなければなりませんね!