読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

マイケルジャクソンの娘パリスは洗脳されているのか?

海外 大切な命 エンタメ

 

2009年7月7日、全世界に中継されたマイケル・ジャクソン(享年50)の追悼式。。。金髪のお人形のような少女はマイクの前に立ち、泣きながら、しかし毅然としてこう語りました。

「私がこの世に生まれてからずっと、父は誰から見ても最高の父でした」

 

 

その後、成長したマイケルの娘パリス(18才)はインタビューで、"父の死後道を外してしまった" ことや "自殺を図った" ことなどを告白しました。

そして、父マイケルの死について衝撃の言葉を続けたのです。

 

《父は、自分を殺そうとしている人たちがいることを話していて、ある時、“いつか彼らに殺される”と言っていました》

 

 

 

◉ パリス・マイケル・キャサリン・ジャクソン、衝撃のインタビュー

 

f:id:celebritynews:20170211191424j:plain

 

モデル、女優として活躍するパリスは、兄・プリンス(19才)に言わせると「彼女は本当に父親そっくり」。色濃くマイケルの遺伝子を受け継いでいるようなのです。そのパリスが初めてメディアで半生を告白しました。

彼女が『ネバーランド』に住んでいたのは7才の頃まで。遊園地に動物園、映画館もついた夢の国に暮らしながら、父がスーパースターであることも、名前がマイケルだということも知らなかったといいます。学校には行かず、自宅学習をしていた子供たちにとって遊び相手は父だけだったようです。しかし、11才の時に父が他界。。。

 

《早く大人になろうとしすぎて、13、14、15才の子供がやってはいけないことをいろいろやってた。いい人間ではなかった。》

 

《細かいことは話したくない。でも悲しい体験 (レイプ被害) があったことは確か。とても辛くて、誰にも言えなかった》

 

 

 

◉ パリス、自殺未遂を図る

 

f:id:celebritynews:20170211191518j:plain

 

2013年、当時15才のパリスは手首を切り、20錠の鎮痛剤をのんで自殺を図りました。

《自分を大切に思えず、何もできないように思えて、生きてる価値なんてないと感じたの。》

 彼女は、自殺未遂を複数回繰り返していたことを告白したのです。  

 

 

 

 


◉「私は父を信じている」

パリスはマイケルの2番目の妻、デビー・ロウ(58才)の子供です。しかし、肌が白く、「マイケルの子には見えない」と長いこと血縁関係が疑問視されてきました。ロウ自身、マイケルの死後、「第三者の提供した精子で生まれた」と発言しているのです。

 

これを踏まえて、パリスはこう答えています。
 
 
《マイケルは私の父よ。これからもずっと、私の父。そうでなかったことは決してないし、そうでなくなることも絶対にない》
 

f:id:celebritynews:20170211191547j:plain

 

《私は自分を黒人だと思っている。ある時、父は私の目を見て、私を指さして、“きみは黒人なんだ。自分のルーツに誇りを持ちなさい”って言ったの。父がそう言うんだもの。父が嘘をつく理由なんてない。私はただ、父に言われたことを信じている》
 
 
 

 

◉ DNA鑑定を恐れるパリス

「白人か黒人か、という人種論争に巻き込まれてきたパリスは、DNA鑑定されるのを避けるため、美容室で切った髪の毛を1本残らず持ち帰ると言われています。」

その彼女が、マイケルを実父だと明言し、黒人の誇りまで告白しました。

 

8年前と同じく、パリスは父への愛を強く語ったのです。マイケルは子煩悩で、パリスにものすごく愛情を注いでいたことは事実でしょう。ただ、アメリカでは “マイケルと血は繋がっていない” という見方がほとんどです。彼女の言葉には根拠がありません。なぜ今さら、この話題が取り上げられるのでしょうか?切ない気持ちになってしまいますね。
 
 
 

◉ 父はハメられた

 
自殺か他殺か。。。マイケルの死を巡っては、いまだこの議論が尽きません。マイケルの主治医で、大量の麻酔薬を投与し、死を招いたとして禁固4年の有罪判決を受けたコンラッド・マレー医師は、2016年に自叙伝『This Is It!』を出版しました。
 
同書の中で彼は、自身の殺害疑惑を全否定し、殺害説を主張するマイケルの子供たちを「洗脳されている」と一蹴したのです。それでもパリスは「父は殺害された」と確信しているのです。
 
 
《こう言うとくだらない陰謀説やトンデモ論に聞こえるかもしれないけど、本当のファンや家族ならみんな知ってる。ハメられたのよ。最悪ね》
 
 
当時、“多くの人たち”がマイケルの死を望んでいたと主張するパリス。。。
 
 

f:id:celebritynews:20170211191636j:plain

 
 
では、「犯人への復讐を望むか」という質問に対して、彼女は“宣戦布告”の言葉を残しています。
 
《当然よ。絶対にそうする。でもこれはチェスのように戦略的に動かなければならないことなの。そして私は正しい手を打っていこうとしている。今言えることはそれだけ》
 
 
 
 
マイケルの死後、マイケルの実母とパリスを含む3人の子供たちは、マレー氏を専属医師として雇った興行会社『AEGライブ』にも責任があるとして民事訴訟を起こしました(2013年10月に原告が敗訴)。  
 
裁判に負けても、遺族の闘いは終わっていません。そして、10億ドル以上といわれるマイケルの遺産は、段階的にパリスに支払われています。
 
 
莫大な財を持つ彼女は今、マイケルが住んでいたロスの大豪邸で、バンドマンの恋人と同棲中です。マイケルのCDジャケットや彼の言葉を全身にタトゥーで彫っており、その数は50を超えるほど。文字通り、父の存在を皮膚に刻み込んでいるらしいのです。
 
そんなパリスは父から受け継いだカリスマ性を大いに発揮し、2013年に女優デビュー!2017年1月には、シャネルのモデルに抜擢されました。父と同じ世界に飛び込んだパリスが、「父の敵」に一矢報いる日は訪れるのでしょうか?