読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

小倉優子「不倫」されても「慰謝料ゼロ」なぜ?〜 離婚はマネーゲーム

男と女 アイドル
 

タレントの小倉優子さんがカリスマ美容師の男性と離婚しました。離婚のきっかけは妊娠中の夫の浮気だったそうです。しかも、その相手は小倉さんも知っている後輩...精神的ショックが大きかったのは間違いないでしょう。

にも関わらず、「慰謝料はゼロ」という噂が飛び交っています。なぜなんでしょう?このケースでは、ほぼ100%男が悪いはずなのに、ゆうこりんはどうして慰謝料をふんだくらないのでしょうか?

 

f:id:celebritynews:20170318163129j:plain



ただ、「相手の不実」=「莫大な慰謝料」というのは都市伝説のようなものなのです。

 

 

 

♦︎ 慰謝料の正しい定義

 

そもそも、芸能ニュースなどで使われる「慰謝料」と法律用語の「慰謝料」は概念が異なります。マスコミの報道で使われる慰謝料というのは、財産分与なども含めて、離婚の際に支払わる総額のこと。一方で、法律用語の慰謝料とは、『不法行為によって被害者に与えた精神的な苦痛に対してその賠償として支払われる金銭』のことです。

もちろん、配偶者が浮気をすれば、浮気された方は慰謝料を請求できます。ところが、実は、その額は大したことないんです。海外セレブの離婚の際、莫大な額の慰謝料が飛び交っているので、慰謝料とはそんなものだと勘違いされている方の多いのですが、法的な慰謝料というものは本来大した額ではないんです。

 

f:id:celebritynews:20170318163235j:plain



慰謝料の相場は、財産や所得に関係なく100万円や200万円といったものです。裁判官の心証を悪くして、最高に高くなっても500万円が関の山でしょう。

高額所得者の離婚では、将来の婚姻費用の前払いとしての解決金、財産分与などで数千万円以上の金額が動きますが、実は、慰謝料はこの全体の中のごく一部に過ぎないのです。



夫婦の「財産」は結婚後に築いたものの総額になるので、小倉さんの場合、正直に折半すれば小倉さんの持ち出しが大きく、「慰謝料ゼロ」でも小倉さんにとっては大したことではないんです。

 

 

矢口さんのケースでは...

浮気が理由で離婚した矢口真理さんと中村昌也さんのケースでは、(当時の) 矢口さんの所得の大きさを考えると、慰謝料よりも財産分与の金額のほうがはるかに大きく、慰謝料はゼロでも満額支払いでも大した額ではありませんでした。もちろん、支払うのは矢口さんだったので、当然慰謝料も支払われたことでしょう。

 

f:id:celebritynews:20170318163347j:plain

 

 

 

離婚はある意味「マネーゲーム

浮気された側からすれば、必ずしも「相手から莫大な慰謝料が取れる」わけではありません。浮気した側からすれば、必ずしも「離婚すると財産の半分を失う」わけでもありません。もちろん、「相手が浮気をしたら裁判で簡単に離婚できる」というのも全くの誤りです。


私の知人で、外資系企業に勤める男性は、妻の浮気が原因で離婚することになりましたが。。。男性が妻を責めたところ、彼女は家を出ていき、それで即離婚成立、、、かと思いきや、それから2年もの間裁判で争われることになったのです。

それだけではなく、その間、出て行った妻(どこに行ったのかもわからない)に対して、家庭裁判所の命令によって毎月37万円もの支払いを命じられ、さらに和解のために解決金3000万円も支払うことになったのです。



悪知恵の働く相手に悪用されれば、法律というものは本当に恐ろしいものなんです。司法テクニックを駆使されてしまうと、「離婚はマネーゲーム」と化してしまうのです。

皆さんも、相手に非があるにも関わらず、(自分が) 損をしてしまうことのないよう、くれぐれもお気をつけくださいませ。