読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に、社会問題を絡めて発信しております!

「マドンナの息子逮捕」から知る!犯罪歴のある2世界タレントたち

エンタメ どん底人生

16歳の息子ロッコ・リッチーがマリファナ所持で逮捕されたことを受け、マドンナはプライバシーの尊重を求め、次のようにコメントを出しています。

「私は息子をとても愛しています。息子が必要とするサポートは全てするつもりですし、みなさんには私たちのプライバシーを尊重していただくようお願い申し上げます。」

 

マドンナと、映画監督で元夫のガイ・リッチーとの息子であるロッコは、近隣住民の通報により駆けつけた警察官によって、「大麻が発見された」としてロンドンのプリムローズ・ヒルで逮捕されたのです。

 

近隣住民の通報...

 

そうです。ロッコは悪い意味で良く知られた存在。地元住民は彼の行動にうんざりだったのです。不審な行動も頻繁に目撃されていました。その結果、ついに警察に通報されたわけです。

 

その後すぐに保釈されていますが、軽犯罪として初めて逮捕された者に適用される「更生システム」下に置かれているとみられています。

 

 

f:id:celebritynews:20170114153209j:plain

 

 

 

◉  犯罪歴のある2世タレント

日本の芸能界史においても、親のコネ & 七光りによってデビューする者もけっして少なくなりませんが、失敗も多いのが2世タレントの宿命なのかもしれません。歌手や俳優でデビューするも、成功する人はごくわずか。親が有名だから子供も...とは甘くないようです。

 

例えば、

最近の例で見ると、女優高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太は、宿泊したいたホテルの従業員女性を性的暴行したとして、強姦致傷で逮捕されました。示談成立で不起訴処分となり釈放されましたが、芸能界復帰は絶望的なのではないでしょうか。

 

他にも、父が俳優の若山富三郎若山騎一郎と、父が俳優の上原謙仁美凌。2人は俳優と女優です。あまり見かけませんが...そんな二人は夫婦なのですが、自宅で覚せい剤をしようし御用となってしまいました。

 

f:id:celebritynews:20170114160749j:plain

 

 

ちょっと前を振り返って見ると、みのもんたの次男で元日テレ社員の御法川雄斗は、コンビニのATMで他人のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとして窃盗未遂の疑いで逮捕されました。彼の場合は芸能人ではありませんが、テレビ局には「親のコネ」で入社しています。

 

俳優・中村雅俊の息子や、ヒデとロザンナの息子、大空真弓の息子、横山やすしの息子、三田佳子の息子、石田純一の息子・いしだ壱成なども、大麻覚せい剤で捕まっています。

 

 

 

◉  黒木瞳の娘がイジメに関与? ◉

犯罪としては立件されていませんが、同級生の女子をトイレに追い込み、服を脱がせて写真を撮影した男子中学生が、実は黒木瞳の娘に雇われてイジメ行為を行なっていたことが話題となりました (真相のほどは定かではありません)。

ただ、実行犯である男子中学生は退学処分、そして、なぜか被害者の女生徒も退学処分を受けています。そして、首謀者とされる黒木瞳の娘は3日間の停学処分。この処分が事実なら、黒木瞳の娘は大して関与していなかったのか、それとも親の圧力で罪が軽くなったのか..

 

 

2世の人たちは、何の後ろ盾もない人よりスタートが恵まれているだけに、どこかで道を誤ってしまうのかもしれません。ただ、好奇の目をよそに人一倍頑張って結果を出している2世の人たちもいるはずなので、偏見の目で見ることだけはやめなければなりませんね!

 

 

 

 

ダウンタウン松本人志の発言が影響力を持つわけ

エンタメ

 

毎週日曜日の昼過ぎから、ネット上にはダウンタウン松本人志さんのコメントを引用した数多くの記事がアップされています。そのすべてが、毎週日曜10時~放送されている『ワイドナショー』での発言を書き起こしたもの。裏番組の『サンデージャポン』にも個性豊かなコメンテーターが揃う中、なぜ松本さんのコメントだけがこれほどまでに抜粋されるのでしょうか?

 

f:id:celebritynews:20170107134310j:plain

 

 

ジャンルを超えたコンサルタント松本人志

同番組のゲストコメンテーターは、小倉智昭さん、中居正広さん、泉谷しげるさん、東国原英夫さん、武田鉄矢さん、長嶋一茂さん、茂木健一郎さん、乙武洋匡さん、指原莉乃さんなど、クセ者ぞろい。中でも、社会学者・古市憲寿さんの「キスが嫌い。唾液の交換が苦手」などの不思議キャラを引き出したり、サッカー元日本代表・前園真聖さんをお酒ネタでイジり倒したりと、彼らをプチブレイクさせています。

また、『ダウンタウンなう』に目を向けても、松本さんは加護亜依さん、清原和博さん、上西小百合議員などの曲者たちをイジリつつも、ある意味適切なアドバイスを送っています。そうなんです!近年の彼は、「ジャンルや所属事務所の枠を超えてアドバイスを送り、魅力を引き出すコンサルタントのような立ち位置で活躍しているんです!

 

 

たけし&さんまとは異なる天才

松本さんのコンサルタント化は、やはり2009年の結婚と、その後パパになったことが大きいようです。『ワイドナショー』で家族に関するニュースが扱われると、庶民的・常識的な目線から発言していますし、父親が亡くなったときのエピソードなどは笑いを盛り込みつつも、しみじみと話していました。

その姿は、「いかに独自の視点や面白い切り口で話すか」にこだわり、研ぎ澄まされたひと言を放っていた結婚前とは異なります。そもそも、「天才」松本さんが庶民的かつ常識的な発言をすること自体が視聴者にとって新鮮なのです。

 

f:id:celebritynews:20170107134452j:plain

 

ダウンタウンのごっつええ感じ』時代の松本さんと違い、「妻子に迷惑をかけられない」今の松本さんの発言はよくも悪くも常識的になってきています。『ワイドナショー』や『ダウンタウンなう』を生放送でなく収録放送にしているのは、失言を避ける意味合いもあるのでしょう。

 このあたりの「家庭を大切にする」というスタンスは、「結婚しつつも芸人らしい破天荒さを貫いてきた」ビートたけしさんや明石家さんまさんとは明らかに異なります。

 

 

福山雅治の結婚を予言した松本人志

福山雅治さんがラジオ番組『オールナイトニッポン』への出演を終了すると発表したとき、松本さんは、「楽しいラジオをやめるっていうのは『あれ? 結婚でもするんちゃうか』って思うんですよね」と発言 (予言) していました。

「フリートークは面倒くさいのよ。家族のことも全部しゃべらなあかんから。だからオレも結婚するとき、ラジオと『ガキの使いやあらへんで)』のトークはやめたんだよねー」

結果的にこの予想が大当たりだったのは、松本さんが “家庭人の視点”を持つようになったから...かもしれません。

 

 

終わりに

そんな家庭を守る父親になったからこそ、コンサルタントのような一歩引いた立ち位置が取れるようになっているのでしょう。

近頃の松本さんは、「家族のことをイジられて笑われる感じになるのはしんどい。オレのやりたい笑いとはちょっと違う」とも発言されています。これらの言動は、裏を返せば「積極的に笑いを取りにいかない」ということ。いったい松本さんはどこへ向かっているのでしょうか?

 

f:id:celebritynews:20170107134528j:plain

 

もともと「笑いの求道者」と言われるほどストイックな人だけに、それが叶わなければいつテレビからフェードアウトしても不思議ではなく、少し心配です。

ただ、家庭人の視点を持った今だからこそ、「笑わせたい!」という呪縛から離れた、これまでとは180度違う視点からの作品をどんどん世に送り出してほしいなとも思います。映画監督としては苦戦が続いていますが、今の松本さんなら笑いを絡めなくても、新たな境地に立った唯一無二の作品ができるのではないでしょうか。

 

和田アキ子さんから、「芸能界のご意見番」の座を奪った形の松本さん。政治にもぐぐぐいっ〜と踏み込んだ発言 & 活動を期待したいものですね。

 

  

 

SMAPメンバーそれぞれの想いとジャニーズ勢力図の未来

アイドル エンタメ

 

SMAPとして最後の出演となった「スマスマ」は5人揃っての歌(収録)はあったものの、個々の挨拶はなくフィナーレを迎えました。偉大なアイドルグループとしてのラストには、物足りなさだけが残る形となりました。

思い起こせば、独立・解散に動いた中居正広ら4人と木村拓哉の対立軸が大きくクローズアップされた独立劇は2016年1月のこと。異例の公開謝罪。ジャニーズ事務所がお膳立てしたテレビ謝罪を巡っては、「可哀想」という意見が大半を占めシコリを残していました。

 

ギクシャクするメンバー。紅白出場は到底無理。埋めようのないメンバー間のミゾ。加えて、事務所との間にも確執が生まれています。副社長に、「踊りは下手」と週刊誌で公然と言われたことに端を発したお家騒動は、ついに2016年12月31日のスマップ解散を持って幕を閉じることとなるのです。

香取慎吾には「芸能界引退」の噂も流れました。

 

ただ、芸能界は最終的には個人の才能で生き抜く世界です。2017年以降、5人はライバルとして芸能界で競いあっていくことでしょう。

 

 

f:id:celebritynews:20161231163908j:plain

 

 

ジャニーズ事務所内の新たな“年功序列ランク

現在、ジャニーズ事務所内における年功序列ランクは、上から近藤真彦(52)・東山紀之(50)・木村拓哉(44)・TOKIO、V6です。本来であれば、キムタクの部分には中居正広(44)が並ぶわけですが、今後は空席となり、そこに滝沢秀明(34)が入ってくることになりそうです。

タッキーこと滝沢はジャニーズJr.時代から、ジャニー喜多川社長(85)の寵愛を受けてきました。『週刊文春』では、ジャニーズ事務所について「感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」とコメントしています

当然、この発言は解散騒動真っ只中にあったSMAPを、暗に批判するものでした。これにより、滝沢のジャニーズ事務所への忠誠心が明らかになったのです。

 

"寵愛" が背景にありますが、タッキーはジャニーズ内でエリートコースを歩んできています。どのタイミングで幹部となる話があっても不思議ではありません。今回のSMAP解散は、まさにそのタイミングなのでしょう。

週刊誌を通じてのタッキー発言は、ジャニー社長・メリー副社長の両者に好印象を与えました。滝沢はもともと、単独の活動の多いタレントです。近年では俳優活動が目立ちますが、今後は様々な形でより一層優遇されることになるのでは言われています。

 

f:id:celebritynews:20161231164037j:plain

 

そして、もし中居の退社があるとすれば、MCの仕事が増える可能性も出てくるでしょう。キムタクは基本的に「バラエティが苦手で使い物にならない」と事務所は最初からアテにしていません。これまで中居にオファーが来ていたような仕事を、滝沢に回す...ということになりそうです。

 

 

 

 

タッキー & 翼の "つばさ"は?

タッキーといえば、今井翼(35)とのユニット・タッキー&翼ですが、今後、この活動はどうなるのでしょうか?近年は、あまり目立った活動がありません。滝沢のソロ活動が目立つ一方で、今井の影は薄くなっています。

ある関係者の話では、今井は日頃から中居のことを慕っており、SMAPの解散についても事務所に対する不満をぶつけていたと言われています。こうした状態の今井は...切り捨てられるのかもしれません。

 

f:id:celebritynews:20161231164121j:plain

 

 

 

ラストステージの表情・動作にみる、SMAPそれぞれの想い


12月26日に放送された「SMAP×SMAP」のラストステージ「世界に一つだけの花」の中でメンバーが見せたそれぞれの想いを、表情・動作の観点からみてみましょう。



◆悲しみを笑顔に置き換える中居正広と抑え込もうとする木村拓哉

感情のブレが特に大きく見受けられたのがこの二人です。歌を歌っている最中、そして歌い終わった後、全てのメンバーに涙をこらえる表情や姿勢が観られましたが、この二人の表情は特に印象的でした。

中居には、歌の冒頭から最後まで、眉がハノ字になる様子が観られました。これは悲しみを表しています。意図的にこの動きをするのは難しいのですが、悲しみを感じると自然に動いてしまうのです。そして、もう一つ注目したいのが眉間のしわです。これは、涙が出て来るのを抑えるためだったのでしょう。


一方のキムタクは、歌っている最中には見せなかった悲しみの表情が、歌が終わり、最後に全員で礼をする直前に一瞬だけ、微表情として表れていました。頭を上げたときにも悲しみの表情が。

キムタクの悲しみ表情の特徴は、ハノ字眉、口角が引き下げられる、下唇が引き上げられる動きなどです。

 

f:id:celebritynews:20161231164237j:plain



メンバーの中で、特にこの二人が悲しみの感情を強く抱いていたと考えられます。


その他に印象的だったのは、ステージ後の各メンバーの表情や動作です。歌が終わり全員で礼をし、幕が下がります。その後、全員が頭を上げた後の様子が映し出されていました。各メンバーの想いはどんなものだったのでしょうか。

 

 

◆他のメンバーの想い

稲垣の目を観ると涙がうっすら浮かんでいます。上を向いて涙がこぼれないようにしている感じです。表情は一見クールですが、熱い想いが目から読みとれます。最後までクールな自己像を見せるプロ魂を感じました。


草彅の穏やかな眼差しと引き上げられた口角からは、安堵感が感じられます。1月の謝罪会見の表情とは打って変わって、心の平安が映し出されたような表情でした。

香取は目を閉じて頭はやや上を向いていました。目を閉じるという表情は、記憶の想起です。さらに、口角が引き上げられている幸福表情と合わせて考えると、SMAPの良き思い出を回想していたのかも知れません。

 


◆他のメンバーともっと一緒にいたかった木村拓哉

ラストのシーンで、キムタクの左足の向きは他のメンバーの方へと向いていました。これはキムタクが、他のメンバーともっと一緒にいたかったという気持ちを表しているものと思われます。

 


メンバーの笑顔にまたどこかで会えることを期待しましょう。

 

 

 

 

 

まさかの急死した海外のスターたち

病気 海外 大切な命

 

 

映画『恋のからさわぎ』や『ブロークバック・マウンテン』などで人気を博し、高い演技力とカリスマ性で世界中の映画ファンを魅了したオーストラリアの俳優ヒース・レジャーは、人気絶頂の中急死しました (2008年・享年28)。死因は処方薬 (睡眠薬など) の併用摂取による急性薬物中毒とされており、この死に家族、関係者、世界中のファンが大きな衝撃を受けたのです。

 

ちなみにヒースの姉は嫌な予感がしていたのか、ヒースが死去する前の晩、本人に電話をかけ「睡眠薬と処方薬を一緒に摂取しては駄目よ!」と伝えたそうなのですが...残念です。

 

ヒースは、『ブロークバック・マウンテン』で共演した女優ミシェル・ウィリアムズと婚約。2007年の婚約解消を前に娘が生まれており、その子は今年11歳になります。

 

 

f:id:celebritynews:20161224172717j:plain

 

 

 

 

 

不可解な交通事故で急死した「スタートレック」の俳優

 

 映画「スター・トレック」シリーズのパヴェル役などで知られる俳優アントン・イェルチンは、2016年6月、謎だらけの交通事故で亡くなりました (享年27)。リハーサルに姿を見せぬアントンを心配した友人らが自宅を訪問。そこで、アントンは愛車と柱に挟まれた状態で発見されたそうです。

 

車のエンジンはかかったまま...

ギアはニュートラルに入った状態...

 

なぜこんな状況になってしまったのか、詳細は分かっていません。アントンはロシア連邦共和国レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)出身で、ほどなくしてアメリカに移住。子役時代から活躍していたというのに...

 

 

f:id:celebritynews:20161224173750j:plain

 

 

 

 

 

メガデス」元ドラマー、演奏中に心臓発作 

 

人気メタルバンド「メガデス」の元ドラマー、ニック・メンザは演奏中の心臓発作によりが51歳の若さで急逝しました。2016年度は、デヴィッド・ボウイ、プリンスに続き、またしても素晴らしいミュージシャンがこの世を去ったのです。

ロサンゼルスで、バンド「OHM」のドラマーとしてステージにあがったニック・メンザは、数曲目に入った時に体調が急変。そのまま帰らぬ人となったのです。この訃報に、「メガデス」のバンドメンバーだったデイヴ・ムステインはこうツイートしています。
「どうか、これが事実でないと言ってくれ!」

f:id:celebritynews:20161224174305j:plain

 

 
 ハリーポッター」スネイプ役の俳優、死亡 

 

大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズでスネイプ先生を演じたイギリスの俳優アラン・リックマンさんも亡くなってしまいました。享年69歳。ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフら共演者たちも大きなショックを受けているようです。

 

f:id:celebritynews:20161224175034j:plain



死因はガン...

 

家族と友達たちに見守られての死だったそうです。

 

 

f:id:celebritynews:20161224175515j:plain

 

 

ハリー・ポッターはこう語っています。


「俳優としても、僕を子供というより仲間として扱ってくださいました。成長期に彼と働けたことは大きな意味がありましたし、今後の俳優生活でも彼からの教えは忘れないでしょう。」

 

 

また原作者のJ・K・ローリング

 

「彼が亡くなったショックと悲しみは言葉では言い表せません」「見事な俳優であり、素晴らしい男性でした」とツイートしています。

 

 

ハーマイオニー・グレンジャー”ことエマ・ワトソンも、Facebookにこう記しています。「今日、アランの死を知りとても悲しいです。あんなに素晴らしい男性、そして俳優である彼と時間を共有し共演でき、本当に幸運だったと思います。あなたと話ができなくなるなんて、本当に寂しい。アラン、安らかにお休みください。私達はあなたを愛しています。」  

 

 

 

乳がんと闘った芸能人たち「早期発見を目指そう!」

病気 大切な命

近年、芸能ニュースでやたら「乳がん」の文字を見るようになってきた気がします。北斗晶さんや小林麻央さんの告白は衝撃的でした。ここで頭にちらつくのが「病状」「再発」「ステージ」「末期」「余命」「生存率」「抗がん剤治療」と言ったこと。

 

 

f:id:celebritynews:20161217193350j:plain

 

 

そこでここでは、

 

乳がんになった芸能人についてみていきたいと思います。

 

 

 

 

 

麻木久仁子さん

f:id:celebritynews:20161217193256j:plain

知性派タレントとしてクイズ番組などで大活躍していた麻木久仁子さんは、2010年、不倫騒動でかなり叩かれました。その後、2012年に人間ドッグで左右の乳房にガンが発見されました。「これから50歳になるという時期にたまたま受けた乳がん検査で見つかりました。私の胸は小さいので関係ないと思っていたんですけど。自覚症状もなかったし...」と突然のがん宣告に大きなショックを受けたそうです。

 

乳房にしこりができる前の早期だったため、がん細胞だけを摘出し、乳房は残されました。ただ、左右乳房の患部は乳輪の近くにあったため、「目立たないように乳輪に沿って切れ目を入れてくれ、患部を取り除き中を抜いたので、形は少し小さく凹んだりはしているが見た目は目立たないようになっている」と手術を振り返っています。

 

当時の気持ちについて、「乳房を切るってどこまで切るんだろうと不安になった。自分のバストはきれいで大きなバストじゃないから自分では愛着あるとは思っていなかった。でも、傷が付きますと言われると大事になっちゃって失いたくないなと」と女心をのぞかせていたのです。

 

手術後、左右30回ずつの放射線治療などを受け、その後は5年にわたるホルモン治療を続けることになっています。早期発見のため、転移の可能性は低く、10年生存率は95%だそうです。

 

 

 

山田邦子さん

f:id:celebritynews:20161217193442j:plain

1980年代に大活躍した女性芸人の先駆け的存在である山田邦子さんは、2007年に乳がんを患いました。このとき47歳。出演していた医療番組内でしこりを発見。その後の検査の結果、乳がんと診断されました。麻木さん同様、摘出手術とホルモン治療を行い、生活習慣を改善し、5年後には克服。今は乳がんの早期発見と早期治療のためのチャリティ活動などをされています。

 

 

 

 

平松愛理さん

f:id:celebritynews:20161217193511j:plain

「部屋とワイシャツと私」で有名なシンガーソングライターの平松愛理さんは2002年に乳がんが見つかり、計8回の手術を受けました。現在は元気になって歌手活動や楽曲提供に精力的に活動されています。

 

 

 

 

生稲晃子さん

f:id:celebritynews:20161217193712j:plain

おニャン子クラブでタレントの生稲晃子さんは2011年、乳がんが発見されました。早期発見のため腫瘍部分だけの切除手術を受けたのですが...

 

翌年に再発し手術。また翌年にも再発し再び手術。。。

 

その後、「娘のためにも死ぬわけにはいかない!」と思い、ついに右胸乳房の全摘出手術を受けることにしたのです。術後、無事仕事復帰されましたが、仕事上やはり右胸もあったほうがいいということで再建手術がなされます。計5回も手術を受け、現在もホルモン治療は続けているようです。

 

 

 

 

 

北斗晶さん

f:id:celebritynews:20161217193657j:plain

鬼嫁としてテレビ番組で大活躍していた元プロレスラーでタレントの北斗晶さんは毎年乳がん検診を受けていたそうですが、ある時胸に違和感を感じ、痛みまで感じるようになったので受診したところ乳がんが発覚しました。

 

ステージ2Bという状況で、5年後の生存率は50%

 

結局、右乳房は全摘出!右脇下のリンパへの転移も見つかり、リンパ節の摘出手術も行われました。仕事への復帰を果たしたものの、今後も治療は続いていきます。

 

 

 

 

 

アグネス・チャンさん

f:id:celebritynews:20161217193737j:plain

1972年に歌手デビューした香港出身のアグネス・チャンさんは、2007年に胸にしこりがあることに気づき病院で検査した結果、乳がんでした。早期発見だったため、すぐに手術をし、その後は定期的に放射線治療をし、現在は元気になっています。

 

 

 

 

 

 

川村カオリさん

f:id:celebritynews:20161217193826j:plain

歌手の川村カオリさんは2004年に乳がんが見つかりました。左乳房の切除手術をし抗がん剤治療を受け、翌年には音楽活動を再開。しかし、2008年にガンが再発。リンパ節、肺、骨に転移しており、手術が不可能なため点滴で抗がん剤治療を受けていました。2009年には体調が悪い中、椅子に座ったままのライブを行いますが、これが最後のライブとなりました。その後治療に専念するということで入院したのですが、数ヶ月後、家族に見守られながら亡くなりました。

 

 

 

田中好子さん

f:id:celebritynews:20161217193915j:plain

キャンディーズの「スーちゃん」こと田中好子さんは1992年に乳がんと診断されました。早期発見だったため腫瘍の摘出手術をしましたが、その後何度か再発。それでも、いずれも早期発見だったため、大事には至らず20年近くうまくガンと付き合っていましたが、2010年10月、十二指腸潰瘍を患い、免疫力が落ちたところで乳がんが再発してしまい、その後ラッシュと言われる急激な増殖症状に見舞われ、肺や肝臓に転移し、短期間のうちに致命的状態となり2011年4月、亡くなりました。

 

 

 

 

 

終わりに

乳がんは胸の大きさに関係ありません。また、乳がん患者の1パーセントは男性とも言われています。14人に1人は乳がんになる現在、日本国内だけでも毎年6万人以上の人が「乳がん」と診断されています。そして、発症した人の3割もの人たちが亡くなってしまうのです。

 

しかしながら、乳がんは早期発見・早期治療であればかなり高い確率で完治することが可能な病気です。

 

 

女優の赤木春江さんや大空真弓さん、倍賞千恵子さん、森光子さん、樹木希林さん、宮崎ますみさん、歌手の島倉千代子さん、綾戸智絵さん、芸人の内海桂子さん...

 

 

多くの方々が「乳がん」と闘ってきました。

 

 

皆さんも、「まさか自分が...」と思うことなく、定期的に検査を受け続けてくださいね。

 

 

 

 

 

りゅうちぇるはなぜブレイクしたのか?

男と女 エンタメ

美川憲一ばりの個性と超新人類のおバカキャラで一世を風靡しているタレントのりゅうちぇるは今大ブレイク中です。自らの出身地を「ちぇるちぇるランド」と称するファッションモデル「りゅうちぇる」は、一歩間違えばブレイクすらしていなかった存在です。 しかし、ティーンに人気の原宿系カリスマモデル「ぺこ」の彼氏としてバラエティ番組に現れた彼は、その強烈な個性を発揮し、千載一遇のチャンスを逃さなかったのです。

 

見た目がド派手なうえに、異様なまでのハイテンション。『行列のできる法律相談所』に初めて登場したときには、司会の明石家さんまから「建築関係トントントン」というギャグを授けられ、これにより大ブレイクしたのです。その後も、打てば響く反応の良さが面白がられ、各局を渡り歩く人気タレントの仲間入りを果たしたりゅうちぇるですが、なぜ彼はここまで人気を得ることができたのでしょうか?

 

 

 

f:id:celebritynews:20161210195442j:plain

 

 

① モデルがバラエティで活躍する時代だから?

f:id:celebritynews:20161210195227j:plain

 

 

もともとは原宿のショップ店員だったようですが、そのファッションセンスには定評があり、その後ファッションモデルとなりました。ファッションモデルといえば、ローラやダレノガレ明美など個性派が多く、バラエティの世界で活躍する人が増えてきています。そんな先駆者たちの存在もあり、りゅうちぇるは行列のできる法律相談所』に登場し、明石家さんまに見初められ、大ブレイクするに至ったのです。

 

また、「個性的なファッション」「奇抜な衣装」だけでなく、「隠れイケメン」という武器があったことも大きいでしょう。ひげは濃いものの、素顔はなかなかの男前と評判です。人は隠れているものを見つけ出すことに楽しみを見い出すもの。イケメン好きの一部のファンにとっては、「奇抜な個性」の裏に潜む「隠れているイケメン」を発掘するというのが何よりの楽しみだったようです。

 

 

 

 

 

② わかりやすいキャラだから? 

f:id:celebritynews:20161210195355j:plain

 

 

中性的かつハイテンションなキャラクターが支持を集めているともいえるでしょう。さかなクンや声優の金田朋子と同類の位置付けにあります。甲高い声で元気に暴れ回る人は、バラエティの現場でとにかく目立地ます。周りのタレントたちも巻き込み、新たな化学反応が起こり、「キャラ」タレントが出演する番組はますます面白くなっていくのです。

 

しかも、りゅうちぇるはただのハイトーン・ハイテンションではありません。「やだー」と言ってはしゃいでみせたりする「オネエ系」でジェンダーレスな部分がウケています。マツコデラックスやはるな愛の後輩ともいえるでしょう。オネエ系は昨今のテレビにおいて有力なキャラのひとつです。男性でもなければ女性でもない。だからこそ、男性には嫌われず、女性には警戒心を持たれない。ズバズバとキツいことを言っても許されてしまうところがあるのです。りゅうちぇるがオネエ系でなかったら、ここまでのインパクトを残すことはなかったはずです。

 

 

 

 

 

③ 交際中の「ぺこ」の存在が大きかった?

f:id:celebritynews:20161210195045j:plain

 

りゅうちぇるは、「ぺこ&りゅうちぇる」という男女1組のカップルという形で世に出てきました。これも個性の一つです。これまでも、結婚した芸能人カップルがおしどり夫婦としてテレビ番組で共演することはありましたが、結婚していない交際中の異色の若い男女が「カップル」として堂々とテレビに出てくるというのは、実はかなりの珍事だったのです。

 

事実、何でも好き勝手にやっているように見える破天荒な芸能人であっても、交際中の相手と一緒にテレビで共演し、イチャイチャしている姿をさらけ出したりすることはありませんでした。まず、そんなことは日本人男性が最も苦手としていることなので、下手をしたら「総スカン」を食らっても致し方ないことでもあったのです。しかるにりゅうちぇるは「おねねキャラ」でした。

 

これが功を奏し、ぺこのことを堂々と「好き」と公言してみせるところがウケてしまったのです。革新的でした。

 

 

 

 

 

④ キャラを作っていることが明快だから?

f:id:celebritynews:20161210195531j:plain

 

モデル、隠れイケメン、ハイテンション、オネエ系、そしてカップル。テレビに出るときに有効なあらゆるキャラの要素を兼ね備えているりゅうちぇるは、現代が生んだテレビモンスターかもしれません。誰の目にもキャラが作られていることは明確です。その、意図的にキャラを作り、それをネタにしていることが彼の最大の武器であるかもしれません。

 

例えば、彼は「ちぇるちぇるランド」出身ということを公言していますが、そこをしつこく突っ込まれると弱気になったりすぐに開き直ったりします。りゅうちぇる人気の火付け役となったさんまは、彼についてこう語っています。

 

「何年も試行錯誤してあのキャラになった」...と。

 

 

 

 

 

 

終わりに

りゅうちぇるがテレビ向けにキャラクターを作っていることは誰の目にも明らかです。絶妙に、素直に正直に認めているのです。「キャラを作っている」と公言し、あえて隙を見せているというのもキャラで売れるためには重要な要素のひとつです。これは芸能界のみならず、サラリーマンの世界でも活用できる技なのではないでしょうか。ぜひ、応用してみてください。

 

ここまで巧妙にやってきたりゅうちぇるは、コメント力に磨きがかかり、空気を読んだ立ち居振る舞いができるようになってきました。今後は、ぺことめでたく結婚し、「夫」「イクメン」という新たなキャラを手に入れ、オネエ系の要素を少しずつ薄めていったり、といったキャラのマイナーチェンジも考えられます。抱えている要素が多いりゅうちぇるは、その組み合わせや変化の可能性も無限に持ちあわせているようです。

 

 

 

 

税金の無駄遣いする「安倍チルドレン」防衛費を増やし続ける安倍首相

小泉チルドレン=杉村大蔵』
小沢ガールズ=谷亮子
『橋下ベイビーズ=上西小百合

まともだった人材はいたでしょうか?

ところで『安倍チルドレン』って誰?

 

 

増税だらけの日本・・・本当にこれで良いのでしょうか?必要ならば払いますが、まずは税金の無駄遣いや国会議員の給料・・・もう少し考え直してくれません?地方議員や役人たちの給料も、無駄は全部なくしましょう!

 

 

f:id:celebritynews:20161203210655j:plain

 

 

まずは安部総理を含む国会議員の給料に注目!

2014年、国民への大増税とは裏腹に、国家公務員と国会議員には大幅な「賃上げ」が敢行されました。この大盤振る舞いは、「震災復興のために国民と痛みを分かち合う」と2012年から2年間の時限立法で実施されていた議員と公務員の給料削減を安倍政権が打ち切ったから。

何かおかしくないですか?

 

 


政治家や官僚の言い分は・・・

「われわれは2年間も痛みに耐えた。減らされていた給料を法律通り元に戻してどこが悪い」

しかしながら、震災復興にあてるという給料削減の目的を考えると全く筋が通りません。復興は遅々として進んでおらず、新たに国民負担を積み増す始末...

 

 

 

国会議員の本当の収入は

 そもそも、国会議員の歳費、つまり給料は法律で決まっています。その月額は129万4000円。このほかに、ボーナスである期末手当が約635万円支給されますので、年収ベースの総額は2200万円ほどになります。これが本来の国会議員の給料です。しかし議員にはこれ以外にもたくさんの手当が支給されます。その一つが「文書通信交通費」です。月額100万円で非課税、さらに領収書を提出する義務が一切ありません。

おまけに、給料以外にも年間4400万円ほどのお金が議員本人の口座や政党支部の口座に分けられて振り込まれます。

 

さらに、国から政党交付金として議員一人当たり年間約4000万円、立法事務費として月額65万円が会派に支払われます。確かに、このお金のほとんどは政党が使い、議員個人に支給されるわけではありません。しかし、政党交付金の一部は各議員に支給されています。

 

f:id:celebritynews:20161203210938j:plain

 

 


小保方さんで注目を浴びた理研も税金で運営

実は、理化学研究所の無駄遣いも相当酷いんです!税金で1000万円の高級家具を無駄に買っていたことが判明しています。叩けばもっともっと出てくるでしょう。
 

 

 

熊本地震後、ゴールデンウイークに外遊する安倍内閣の閣僚たち

熊本地震には知らん顔で、安倍首相と7閣僚はGW外遊に5億円も使ってしまいました。5億もあれば、仮設住宅を100戸以上、場合によっては倍以上建てられる金額です。

自分の金じゃないからと、無駄に散財し精力的に外遊を重ねる安倍首相。歴代総理の中でも桁違いに外遊が多いのです。舛添要一東京都知事は高額出張費問題で叩かれまくりましたが、実際のところ同じ穴のムジナ安倍に比べればかわいいものだったのかもしれません。

 

それぞれの言い分をまとめると、

 

舛添要一の言い分
 東京でも湯河原でも仕事はできる。
 一番静かで仕事ができる。
 健康を保ち、頭を整理して都民のために働く態勢を整えるのは、
 知事として重要な役割だ

安倍晋三の言い分
 日本でも欧州でも仕事はできる。
 一番静かで仕事ができる。
 健康を保ち、頭を整理して国民のために働く態勢を整えるのは、
 総理として重要な役割だ

こういう具合になります。

 

舛添叩いて安倍は叩かず...

いったいなぜ?

 

f:id:celebritynews:20161203211119j:plain

 

 

災害時、安倍が犯した罪

東日本大震災(2011年3月11日)
・安倍「菅首相が注水止めた」のデマで原発対応妨害
 → 裁判所「『菅首相が注水止めた』は事実と異なる」

■大島土石流(2013年10月16日)
・災害対応なし。産経会長と懇談後 祝宴へ → 死者36人

■山梨豪雪被害(2014年2月14日)
・羽生選手と電話で雑談。午後は天ぷら屋で舌鼓 → 死者26人

■広島土砂災害(2014年8月20日)
・フジ会長とゴルフ。自衛隊派遣当初わずか30人 → 死者75人

■鬼怒川氾濫(2015年9月10日)
・呑気に総理夫妻主催の夕食会を開く → 死者8人

熊本地震(2016年4月14日)
・屋外避難解消を自治体に強請 → その夜 倒壊による死者9人以上
自衛隊派遣の大規模要請蹴り 当初わずか2000人
・この機に「緊急事態条項!TPP通せ!オスプレイ!」と震災フル活用
・総理が陣頭指揮とる緊急対策本部なし

 

そして、パナマには2800億円もの大金をばら巻きながら、熊本被災地
の支援金は23億円という差をつけています。こうして見ると、日本は東京都知事大阪府知事、日本国首相とクズみたいな連中ばかりが仕切ってるわけです。

 

 

f:id:celebritynews:20161203211613j:plain

 

 

 増やし続ける防衛費

 そんな中、政府は防衛費を当たり前のように増やし続けています。2017年度の防衛費は過去最大の5.1兆円となる見込みです...

 

政府は、北朝鮮や中国など不安定な国際情勢への対応を強化するためとしていますが、トランプ次期大統領による政権発足をにらみ、日米同盟の強化へ積極姿勢を示す狙いもあるのでしょう。

 

情けない...

 

射程距離が2倍に伸びる改良型の地対空誘導弾パトリオット導入など、弾道弾ミサイル防衛費に327億円、護衛艦・潜水艦の整備による警戒監視体制の強化に1262億円、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO) への経費165億円など、全ての防衛費について、減らす努力もなく増やし続けるばかりです。

 

一方で、低所得者へのバラマキ、なぜか中国をも含む途上国諸国へのバラマキなども目立ちます。安倍首相は、自分のお金ではない日本国民のお金(税金) を、優先順位もつけず、ただただばらまいているとしか思えない施策ばかりを行なっているようです。

 

そもそも税金の無駄遣いは改善されているんですか?

 

国と地方の収入・支出を徹底的に洗い直し、無駄をなくしていくことのできる、未来思考の有能な政治家・官僚たちの登場に期待したいところなのですが、これらの職業に就こうとする輩の頭には、地位と利権しかないんです。素晴らしい人材がいるわけありません。

 

...

AI(人工知能) に政治・行政を託したくなる気分の今日この頃です。