読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

千里さんの「死にそう」な 病名と「死んだ」ラオウへの質問

 タレントの森下千里さん(33)は自身のブログで、「死にそうな病名を告げられてビックリした!」と告白...

 
 
 
 
その名前とは、、、
 
 
 
 
「亜急性壊死性リンパ節炎」
 
 
とても珍しい病気です。
悪性リンパ腫白血病等と比べると、それ自体が命に関わることはなく、名前ほど怖い病気ではありませんが...

症状がきつく出る場合が多いのでとてもやっかいです。。。
 
 
 
 

「私は2ヶ月間ほどはかなりしんどかったです。」
(体験者談)
 
 
 
 
 
千里さんは、
 
週末から微熱と首の腫れがあったとし耳鼻科に行ってみたところ「亜急性壊死性リンパ節炎」と診断されちゃいました。
 
 
 

医師からはしっかりと説明を受け、
 
「感染経路、原因、治療法が不明で、薬は効かないけれど、一ヶ月くらいすると、ふと治るだろう」
 
とのこと...
 
 
 
 
 
千里さん曰く、
 
「じゃあ、痛いけど我慢するしかないね」
 
( ´ ▽ ` )ノ
 
 


結果、
 
「病気の内容を聞いたら、安心したのか元気が出てきて、腫れも収まってきたの」と明かすと「やっぱ、”病は気から” だなー」と自答。
 
 
 
しかし...
 
病名に「死」という言葉を入れるのは
どうにかならないのかなぁ〜...
 
 
 
f:id:celebritynews:20150128125421j:plain
 
 
 
ラオウの葬儀】
 
 7年前、、、
アニメ『北斗の拳』のカリスマ的キャラクター『ラオウ』の葬儀が執り行われました。
 
谷村新司をはじめ、宇梶剛士角田信朗森下千里ら著名人が参列。。。

 
 
そのとき千里さんは、
ラオウに対し、、、
 
「孤独な感じがして母性本能をくすぐられる。守ってあげたい気にさせる」と
発言しておりました。
 
( ´ ▽ ` )ノ
 
 
さらに、
 
「私が思うに強がりだと思うので、本当に悔いがなかったのかを聞きたい」と語っていました。。。
 
 
 
f:id:celebritynews:20150128125549j:plain
 
 
 
 なお、この葬儀には数千万円という費用がかけられ、雨にもかかわらず訪れた一般参列者は述べ3000人、、、
 
 
まさに“生ける伝説”ともいうべきものでした...
 
 
千里さんの発言も、
女性らしい、少し天然な感じが微笑ましいですね!