読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

「社会保障と税の一体改革」に期待できない!ならば個人投資を始めよう!

社会保障と税の一体改革」を徹底的に行えば、国民の多くにとっては公正かつ公平な社会になっていくはずです!


しかしながら本気で成長戦略を立てる気などなしの安倍政権...
日本の経済構造そのものに本気でメスを入れるリーダーはいつどんな形で現れるのでしょうか?


以下、いくつかの表題に沿って今後の見通しをみていきたいと思います。



【本当に財政を規律できるの?】

税金の無駄遣いが多く、借金ばかりが増えていく日本。財政再建!財政規律!
近頃は皆、そのことを真剣に考えるのが怖くて何も言わなくなってきましたね。
本気で財政の抜本改革を行っていくためには、絶対に、既得権益勢力の言うことを聞いていてはいけません!


国民も海外も、そこに注目しているんです!しかし...安倍さんには既得権者と本気で闘う気などこれっぽっちもありゃしない...なぜなら、自分自身も既得権者の一人なのだから。

というわけで、財政規律は無理...

必要な財源は確保されず、無駄遣いはこれからも続いていくのです。



東京オリンピックの経済効果から一体改革に弾みはつかないのか?】

そもそも、前回の東京オリンピックとは全く違い、僅か2週間のお祭りイベントがインパクトを持つほど、現代日本の経済規模は小さくありません。既に年間2,000万人の外国人観光客は訪れ、「爆買い」もされています。

むしろ、オリンピックが終わった2020年以降は景気が沈むかもしれません。

将来的にはデフレからインフレに転換されるでしょう (インフレとはモノの価値が上がり通貨価値が下がること) 。つまり、資産を現金で保有していたのではどんどん目減りするだけです。

オリンピック効果にはあまり大きな期待は持たない方が良さそうです。



f:id:celebritynews:20160316213326j:image



【個人資産を守るために必要な手段】

銀行や郵便局の預貯金に預けていてもインフレ負けしてしまうだけです!

インフレから資産を守る有効な方法は投資になります。投資もいろいろありますが、例えば株式投資はどうでしょう?株価は景気を先取りして動くため、脱デフレの兆候が見え始めた今のような時期から株式投資を始めれば、価格上昇による利益が望めるでしょう。

ただし、どの銘柄でも値上がりするわけではありません。インフレ銘柄、つまり、金融や不動産が良いでしょう。

しかし、個人投資家、それも初心者が個別銘柄を物色するのは難しい。そこで、年金基金などの機関投資家が好む銘柄を先回りして買うのがオススメです。といっても、機関投資家銘柄の詳細が公表されているわけではありません。



JPX日経インデックス400に組み込まれた銘柄から選びましょう】

構成銘柄は、東京証券取引所のHPに公開されています。機関投資家が好む銘柄は長期保有が前提になるので、個人投資家も証券会社で確定申告が不要な特定口座(源泉徴収あり)を開設したうえで、非課税のNISA枠を利用して長期投資を目指すとよいでしょう。

しかし、それでも銘柄選定に自信がない、面倒だというのであれば


投資信託

をオススメします。日本株の上昇にかけるというのであれば、日本株投信から選びましょう。日経225インデックスやTOPIX(東証株価指数)に連動する値動きを目指すパッシブ型と呼ばれるインデックスファンドの多くは購入時に支払う販売手数料がゼロで、保有期間中負担する信託報酬も低く抑えられています。

株式と同じようにリアルタイムの値段で売買できるETF(上場投資信託)もいいでしょう。



【アクティブ型の日本株投信】

インデックスの値動きとは無関係に値上がりを目指したいのであれば、アクティブ型の日本株投信がいいでしょう。投信は証券会社と銀行で、ETFは証券会社で購入できます。



【まとめ】

投資に「絶対」はありませんが、今からの時代、さすがにタンス預金などの昭和スタイルでは凌ぎきれません。(怖い)投資といっても、商品や購入方法によってはリスクの低いものも多くあります。

まずは、インフレで目減りしていくだけの預貯金をやめ、勉強の意も込めて少額から(無理ない額で) 個人投資を始めてみませんか。私も今年から本格的に始めるつもりです。皆さん、良きアドバイスのほどよろしくお願いします(^-^)