読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名人と社会問題のお話 〜芸能ニュースから学ぶこと

芸能・セレブの話題に社会問題を絡めて発信しています!

性病の脅威!クラミジアに感染する妊婦たち

国内の妊婦約32万人を対象にした大規模調査で、流産や早産に繋がる恐れのある性感染症「性器クラミジアに2.4%が感染していることがわかりました。

 
年間約100万人が誕生していることから、妊婦全体の24,000人が感染していると推計されます😮
 
性器クラミジアは自覚症状がないため実態把握が難しかったのですが、特に若年層に多いことがわかりました。
 
 
f:id:celebritynews:20150624122817j:image
 
専門家は
「若い妊婦を中心に想像以上に広がっている。妊婦以外の一般女性も相当数が感染しているだろう。」と分析しています😓
 
性器クラミジアは性行為で感染します!
 
女性は子宮の入り口に炎症が起きており、長期化すると卵子が通る卵管にも炎症が広がって不妊症に繋がります。
 
感染した妊婦は子宮で血流が悪くなるなどして流産や早産のリスクが高まり、母子感染も起こってしまいます😥
 
***
 
性感染症、いわゆる性病は性器から性器にうつるものだけでなく、性器から喉、喉から性器、喉から喉へとうつるものもあります。
 
その一つである咽頭クラミジアは、海外では男性同性愛者に多いのですが、これまで日本では、性風俗産業の女性従事者に多いとされていました。
 
ところが、「性風俗産業従事者と一般女性の咽頭クラミジア感染割合はあまり変わらない」とのこと。。。
 
(咽頭クラミジアには5.5%の女性が感染しているとの報告があります)
 
f:id:celebritynews:20150624122856j:image
 
 
 これを防ぐには、オーラルセックスでもコンドームを使用すること!
 
クラミジアに感染しているとHIVエイズウイルス)にも感染しやすいほか、不妊の原因にもなってしまうため、事態は非常に深刻といえるでしょう✋
 
また、咽頭クラミジアは「抗生物質が効きにくい」といわれています。
 
***
 
《歴史上人物の性病》
 
<日本>
熊本城で有名な加藤清正は、秀吉の朝鮮侵略の際に梅毒をもらってきてしまったとか...
 
また、徳川家康の次男、結城秀康は梅毒で鼻が欠けてしまい、「将軍の息子ともあろう者が、沙汰の限りじゃ!」と家康に激怒されたという記録があります。
 
<世界>
オーストリアの作曲家であるシューベルトは、梅毒で髪が全部抜け落ちてしまい、しばらくカツラをかぶって暮らしていたそうです。
 
チェコの作曲家スメタナは、梅毒が原因で発狂し、精神病院で狂死したとか...
 
ドイツの哲学者ニーチェは、梅毒で廃人となって亡くなっています。
 
フランスの作家モーパッサンは、梅毒が原因で視力が低下し、精神錯乱を発症し 、最後は廃人になって精神病院で亡くなりました。
 
***
 
クラミジアは梅毒のように直接命に関わるものではありませんが、先述した通り、感染者は想像以上に多く、不妊症の原因となります。
 
また、HIVに感染してしまえばそれこそ命に関わってきます。
 
自覚症状がないのは困ったものですが、できるだけ定期的に検診を行って、健やかな赤ちゃんを産み育てていってくださいね😉
 
そして、みんなの力で少しでも少子化を和らげていきましょう(^-^)
 
f:id:celebritynews:20150624122934g:image
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 (海外ニュース)    
(結婚・恋愛ニュース) 
(高齢者向けギフト)
(マッサージ用品)
(絵本・映画・英語) 
(Japan in English) 
(ヨガと健康)
(田舎暮らしから世界に生きる)